「臓活」で、ストレスに負けない身体づくり 腰がカチカチに凝り固まってつらい! 改善法は?

Beauty 2020.04.21

働く女性たちは、身体のどこかに、病気とまではいえない不調を抱えがち。立ちっぱなしや座りっぱなしで腰への負担を感じている場合、実は「五臓」の働きが弱っているサインかもしれません。中医学の専門家である、尹生花先生に改善法を伺いました。

 

長時間デスクワークをしているせいで、常に腰がカチカチに凝り固まっているんです。残業が続くとさらに悪化して、振り向いたり、かがんだ時など、ちょっとした動作に違和感を覚えることも……。この状態が慢性化していて、マッサージやストレッチをしても改善しません。

 

尹生花先生

腰痛の原因は、日常の姿勢や血行不良などさまざまですが、「腎」の機能低下も関係しています。腎は身体に必要なエネルギーを貯蔵し、腰周りや下半身とも関係が深い場所。腰痛が慢性化しているなら、腎の働きを促して内側から養生してあげましょう。

 

腎は精(生命の源となるエネルギー)を身体の中に貯蔵する大切な場所。中医学においては生殖とも関わりを持ち、腎の機能が低下すると、腰周りにトラブルが生じやすい。「腰に痛みを感じたり、腰周りが冷えやすい場合、腎と繋がる関節のパッティングで、滞りがちな気や血の巡りを促すのが効果的」と、尹先生。また、クルミや黒ゴマ、昆布など、腎を養生する食材を取り入れ、働きをサポートして。

200421_zokatsu_01.jpg

© Dmitry Ageev/Blend images/amanaimages

---fadeinpager---

「腎」を養生するワンポイントケア

膝裏をパッティングして、巡りを促進。

200413-zokatsu-11.gif

腎に繋がる関節は「膝の裏側」。直立して両脚を肩幅に開き、左足の甲の部分で右の膝裏を、20回程度パン、パンと打ち付けるようにパッティングする。反対側の足も同じように繰り返そう。腰の痛みはもちろん、腎の機能低下による下半身の冷え解消にも効果的。

小腹が空いた時には、腎の働きを助けるクルミを。

200413-zokatsu-12.jpg

カリフォルニア州で有機栽培された、自然の恵みたっぷりの生クルミ。塩や油で味付けしておらず、クルミ本来の香ばしい味わいがうれしい。オーガニック・クルミ(生) 50g ¥540/ナチュラルキッチン

腎の働きをサポートし、エネルギーを補給する代表的な食材が「クルミ」。デスクに常備しておけば、仕事中に小腹が空いた時のおやつにも最適。

●問い合わせ先:
株式会社ナチュラルキッチン 
0120-572-310(フリーダイヤル)
www.alpha-food.co.jp
200406-zokatsu-01.jpg

尹生花 Yin Seika
北京中医薬大学博士課程修了。医学博士。美容健康サロン「BHY」代表。中医学の深い知識に基づき、いち早く「身体の内側(五臓)と肌の相関関係」に注目。鍼灸や漢方アロマを融合した独自の施術や、生活習慣のアドバイスを実践。身体を根本から立て直すメソッドが、多くの女性に支持され、最近ではその普及にも力を入れている。近著に『みんなの臓活』(ワニブックス刊)
www.bhy.co.jp

疲れて怠けている五臓を活性化させる「臓活」特別講座も開講中!
詳しくは下記をご覧ください。
https://peraichi.com/landing_pages/view/zoukatsu

※この記事に記載している価格は、軽減税率8%の税込価格です。

illustrations:NAGISA HAMADA, texte:NAMIKO UNO

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories