親友同士の女性経営者ふたりが立ち上げた「ココアミ」とは?

Beauty 2022.11.15

ブランドプロデューサーとして多方面で活躍し、フィガロジャポンが主宰するBusiness with Attitude(ビジネス・ウィズ・アティチュード、BWA)の審査員も務める柴田陽子と、オーガニックアロマスパ「シンシア・ガーデン」を経営し、「ママバター」「リンレン」「ネロリラ ボタニカ」など、数多くのオーガニック&ナチュラル製品を開発している杉谷惠美。同じ年にそれぞれの会社を設立したこと、ふたりの男の子のママであることなど共通点が多く、何でも話せる親友であり、経営者仲間でもあり、ママ友でもあるこのふたりが2020年に発表したスキン・ボディケアブランドが「COCOamie(ココアミ)」だ。

221102_3012468.jpg

アマゾンが生んだ希少なオイル、カカイナッツオイルを50%以上配合のフェイシャルオイル。1本でハリ・ツヤ・保湿をはじめとしたエイジングケアが行える。ブースターとして、またスキンケアの最後にも使えるマルチアイテムなので、いつものスキンケアにプラスして。ココアミ カカイ 50% ハッピー チークス フェイシャル オイル 30ml ¥13,750/Anemoi

柴田と杉谷、両者とも職業柄、そして「いつまでもきれいでいたい」という探究心で数多くのスキンケアを研究している中で出合ったのが「カカイナッツオイル(カカイオイル)」。カカイナッツオイルは、アマゾンに自生するカカイの木の実から作られるオイル。アルガンオイルの2倍ものリノール酸、ローズヒップオイルの3倍ものビタミンA(レチノール)を含み、美容オイルの中でも美容効果がトップクラスであるにもかかわらず、原料の確保が難しく、生産が限られているため、良質で100%ピュアなカカイナッツオイルは希少で市場にあまり出回っていないという。ふたりはこのオイルの素晴らしさをもっと多くの人に知ってもらいたいとの想いをきっかけに、信頼できるチームに協力を仰ぎ、いっさいの妥協をせずに1年以上の開発期間を経て、ココアミをデビューさせた。

ココアミのブランドコンセプトは「HAPPY CHEEKS」。

「キャリアも自分自身のことも、一生懸命頑張る前向きな女性に、カカイナッツオイルのパワー、そして日本の精油を生かし、とことんオーガニック、本物本質、簡単時短ケアであることにこだわったアイテムで、モチモチピカピカと輝く、笑顔が似合う、幸せオーラ満点のヘルシーな肌を手に入れてほしい! 美しい肌を手に入れるだけでなく、手に触れた時の質感まで考えたデザイン、肌馴染みに良いテクスチャーのピンクのオイル、天然成分だけでつくり出されたローズの香りなどで、毎日のスキンケアが少しでも癒しの時間となり、気分が上がる時間となり、メンタルケアにもなってほしい! と、細部にまで私たちの想いとこだわりを込めた自慢の商品です」と柴田はフィガロにコメントを寄せる。

ブランド立ち上げ時はフェイシャルオイルのみの展開だったが、現在は商品の幅が広がり、目元、口元の集中ケアバーム、水をいっさい使用しないオイルイン化粧水、カカイナッツオイルを贅沢に配合したオイルインボディクリームも。さらにこの冬から来春にかけて新商品も続々と登場予定。

乾燥が特に気になってくるこれからの季節は、初心者でもオイルインアイテムの使用を始めやすい季節。カカイナッツオイル配合のココアミで、より健やかな肌づくりを目指してみては?

---fadeinpager---

221102_3012458.jpg

カカイナッツオイルを20%配合。加えてオレイン酸・カロフィル酸が豊富で、保湿効果が高く、肌を柔らかくし若返らせる効果のある池間島のタマヌオイルも配合。カカイナッツオイルの魅力を初めて体感したい人向けのエントリーアイテムとしておすすめ。ココアミ カカイ 20% ハッピー チークス フェイシャル オイル 30ml ¥8,250/Anemoi

---fadeinpager---

221102_image3.jpg

(左)柴田陽子(しばた・ようこ):ブランドプロデューサー/柴田陽子事務所 代表取締役/BORDERSatBALCONY 代表取締役。外食企業にて新規業態開発を担当した後、化粧品会社でのサロン業態開発などを経て、2004年「柴田陽子事務所」を設立。コーポレートブランディング、店舗開発、商品開発など多岐に渡るコンサルティング業務を請け負う。セブン&アイ・ホールディングス「グランツリー武蔵小杉」総合プロデューサー、ミラノ国際博覧会に本館レストランプロデューサーを務めるほか、パレスホテル東京、東京會舘、東急プラザ渋谷など幅広くブランディングに携わる。2013年秋アパレルブランド「BORDERS at BALCONY」を立ち上げ、デザイナーを務める。柴田陽子が校長を務める、「人間力」を育てる学校「シバジムアカデミー」を2021年10月に開校。BWA Award 2021、2022審査員。

(右)杉谷惠美(すぎたに・えみ):シンシア・ガーデン代表。女性誌ライターとして美容ページ、ファッションページ編集に4年間携わる。24歳で子宮内膜症と成人性アトピーと診断され、その後植物療法を学ぶ。自身の病を克服した自然療法を啓蒙するため、オーガニックアロマスパ「シンシア・ガーデン」をオープン。その後「ママバター」「リンレン」「ネロリラ ボタニカ」など、数多くのオーガニック&ナチュラル製品を開発。現在はヘッドスパ&ヘアサロンの経営や商品プロデュースも手がける。

●問い合わせ先:
Anemoi
tel : 03-6804-2303
https://cocoamie.com
インスタグラム:www.instagram.com/cocoamie_skincare

text: Natsuko Kadokura

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories