感染症対策に! 冬の空間を浄化するアロマ3選。

Beauty 2023.01.08

久保直子

新型コロナウイルスもそうですが、冬はインフルエンザやノロウイルスなど、さまざまな感染症が猛威をふるいます。対策として手洗い、うがい、マスクなどはすでに実践していると思いますが、アロマを活用した空間浄化もプラスするとさらに効果的です。

抗ウイルス作用を持つ精油はいくつかありますが、同時に免疫力を高めてくれる作用のある精油を選べば、感染対策と免疫強化の両方からケアすることができます。多機能でさまざまな作用を持つアロマは、冬場にも大活躍。心もリラックスし、いいことずくめです。感染対策のひとつとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

01-Infection-Control-Aroma-230106.jpg

photo: iStock

森林浴効果&空間浄化のアロマ

今回は、空間浄化におすすめの3つの精油、バルサムファー、スコッチパイン、マートルを紹介したいと思います。あまり聞き慣れない精油かもしれませんが、バルファムファー、スコッチパインはマツ科の精油です。樹木の香りは森林浴効果が得られ、空間浄化にはもってこい。さらに心を落ち着ける鎮静効果も抜群です。アロマポットやディフューザーなどを使い、空間をアロマでデザインするような気持ちで楽しみながら感染症対策してみてください。

---fadeinpager---

呼吸器障害&活性に|スコッチパイン

北欧などで広く生息する針葉樹で、ヨーロッパアカマツとも呼ばれているパイン。バルサム調のドライな香りが広がり、森林の中にいるような気分になります。芳香成分は、次に紹介するバルサムファー同様、ピネン類が豊富で空気清浄作用を持っているのが特徴です。免疫力アップに加え鎮静作用、抗ウイルス作用などがあり、この時期に使うのにぴったりの精油。

02-Infection-Control-Aroma-230106.jpg

photo: iStock

---fadeinpager---

クリスマスツリーの木!|バルサムファー

クリスマスツリーに使う木としても知られるバルサムファー(バルサムモミ)。甘い香りが特徴的なβ-ピネンや針葉樹を連想させる爽やかな香りを放つα-ピネンなど、芳香成分はモノテルペン類でほとんどを占めており、パインと非常に似ています。バルサムファーのほうがエステル類が多く、リラックス作用がより高いです。真冬のシーズンにぜひ覚えておきたい精油のひとつです。

03-Infection-Control-Aroma-230106.jpg

photo: istock

---fadeinpager---

爽やかな香りが漂う|マートル

フトモモ科のマートル精油は、免疫力を高める1.8-シネオール、森林浴効果のあるα-ピネン、そして鎮静作用のある酢酸ミルテニルなど多くの成分で複雑に構成されています。さっぱりした爽やかな香りですが、どこか複雑で奥深さも。ケモタイプ(同じ種の中でも栽培される土壌、気候条件などによって、成分が異なるもの)であるレッドマートルは、1.8-シネオールの含有量が多く、呼吸器系に有効です。

04-Infection-Control-Aroma-230106.jpg

photo: istock

text: Naoko Kubo

久保直子

ウェルネス&ビューティジャーナリスト/植物療法士/アロマデザイナー
AMPP(仏植物療法普及医学協会)認定メディカルフィトテラピスト、DTWフラワーエッセンスプラクティショナー、スポーツアロマテラピストの資格を所持。美容ライター時代に培った膨大な美容の知識と、植物療法をツールに、独自のウェルネス&ビューティについて発信。そのほか製品開発、アロマデザインやセミナーなど幅広く活動。
Instagram:@naonaonaozou

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories