頭皮にオイル、で始めるスカルプ&ヘアケア。

普段、家にいる時間=寝る時間、休暇は旅へ、という編集SKですが、週末の習慣にしているのがセルフヘッドスパ。
念入りにブラッシングしたら頭皮にヘアオイルをマッサージしながら塗り込んでまとめ髪にし、掃除したり料理したり。頭ベトベトのまま半日過ごし、頭皮用のシャンプーで2度洗いして髪をトリートメント。トリートメント中に、顔や身体がザラついていたらスクラブをかける。1週間ためてしまった洗濯や掃除をするみたいに、自分の汚れを落として整える感じで気分もすっきりします。

そういえば頭皮にオイル、っていまや当たり前になったけど、一体いつからやりだしたんだ、私? 記憶を辿るとなんと20年も前だった……そのきっかけはフィリップB.(多分)。

200420-IMG_0965.jpg

フィリップB. 4ステップトリートメントトライアルキット(左から、R ヘアオイル、PAシャンプー、ライトウェイトディープコンディショナー、ディタングリングトーニングミスト 各60㎖) ¥10,450/エスティ フィロソフィ

LAのヘアスタイリスト、フィリップがキッチンで作り始めたヘアケアは、90年代にデビューしていたはずで、日本上陸で出合った時、植物性で、ものすごい効果&高価、というのに驚いた記憶があります。

ブランドを代表するのが、この4ステップトリートメント。オイルつけてシャンプー&トリートメント、酢のミストで仕上げるというスカルプ&ヘアケアはセレブにも大人気で、いまも変わらずベストセラー。オイルで毛穴汚れが浮いて、ペパーミントシャンプーの洗い上がりは病みつきになる爽快感。仕上げの酢のミストが肝心で、するとしないとではサラツヤ感が大違い。

40代半ばまで白髪がなかったのはこの習慣のおかげなのかどうなのか???

そして、このブランドの最新作が、きらっきらのトリートメント。

200420-IMG_1002.jpg

ロシアンアンバーインペリアルゴールドマスク 236㎖ ¥33,000/エスティ フィロソフィ

ホワイトトリュフのシリーズも髪の補修力がすごかったけど、ロシアンアンバーのシリーズはその上をいく最高級ライン。シャンプーは琥珀色のねっとりした樹液のようだし、このトリートメントはゴールドパールの煌きがすごい。見た目でまずアガる。髪1本1本にハリがでて、栄養たっぷりなのに感触はふわり。「サロン要らずのトリートメントを」と生まれただけのことはある、美髪に感動します。

精神的に白髪増えそう&脱毛しそう、サロンになかなか行けないいま、あらためて自分自身に手をかける大切さを感じます。不安でいっぱいの頭を、セルフヘッドスパやトリートメントで時々ゆるめて労わってください。

エスティ フィロソフィ(フィリップB.)
www.philipb.co.jp

編集KIM

美容編集者歴約23年。大好きなスキューバは休みが取れず断念中、週末ジムで太極拳、ピラティス、水泳に励む。盛りに盛ったデイリースキンケアでは通年美白と防御ケア重視。最近、香りの好みにも少し変化あり。アラフィフの現在、更年期の症状を和らげるサプリメントをいろいろ試しています!

編集SK

1971年千葉県生まれ。白百合女子大学文学部英文学科卒。98年よりフィガロ編集部。海外の香水や化粧品が身近にある環境で育ち、小学生で口紅、香水、巻き髪デビュー。すくすくとコスメオタクに育ち、美容編集者となる。スキンケアはシンプルかつベーシック、メークはトレンド少々、ボディは触り心地、ヘアはボリューム、が私的美容テーマ。

編集TI

30代前半、フィガロ.jpの美容コンテンツ担当。基本的にメークはナチュラル、手持ちコスメはオーガニック系が多いが、パワーコスメにも興味しんしん。20代の終わり頃から低体温を克服すべく、1年を通して「温活」実践中! 現在は週1ペースで行うヨガと、定期的に通うマッサージで、内&外の両側から疲れを溜めないボディを心がけている。

ARCHIVE

MONTHLY

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories