Blog

  • HOME
  • BLOG
  • パリ街歩き、おいしい寄り道。
パリ街歩き、おいしい寄り道。

インド料理ビストロMG Roadと、ロシア前衛芸術家展。

IMG_7014-akikokawamura-180709.jpg

IMG_7019-akikokawamura-180709.jpg

広告に使われているシャガールの絵に惹かれて、
行きたいと思っていたポンピドゥー・センターで
開催の展覧会が7月16日までと気づいた。
連日30度を超えるお天気で、すでに暑さに負けそう
ななか、インド料理で暑気払いをしてから行こう!
MG Roadでランチをすることにした。
インド製の家具ブランドを運営するオーナーが、
パリのビストロの雰囲気で、フランスの食材を使い
現地のような味を提供したいと始めたお店で、
窓が大きくて明るく、ひとりでも入りやすい。
野菜のビリヤニとさんざん迷って、パニール(インド
のフレッシュチーズ)のトマトクリームソースに、
ナン、キャベツとケールのソテーを付け合わせで
頼んだ。
辛くはないのだけれど、適度にスパイシーで、
少し元気になれた。
ナンがおいしくて、追加して持ち帰りたかった。


ポンピドゥー・センターへは歩いて4分ほど。
行列を覚悟で向かったら、全然並んでいなかった。
これだけお天気がよいと、日を浴びることのほうが
きっとみんな優先順位が高いのだろうな。
企画展は、1918年にロシアのヴィーツェプスク(現
ベラルーシ)にできた、すべての人に開放された
無料の美術学校で、1922年の閉校までに製作された
代表作を集めたものだった。
開校にあたり学長に任命されたのは、
この街で生まれたシャガールだったらしい。
ロシア革命直後という、私にはあまりにも無知な時代
背景に戸惑ったけれど、行かなかったら知ることのな
い作品ばかりだったから、行ってよかった。

IMG_7024-akikokawamura-180709.jpg

IMG_7025-akikokawamura-180709.jpg

IMG_7029-akikokawamura-180709.jpg

IMG_7033-akikokawamura-180709.jpg

川村明子

フードライター
1998年3月渡仏。ル・コルドン・ブルー・パリにて料理・製菓コースを修了。
台所に立つ時間がとても大事で、大切な人たちと食卓を囲むことをこよなく愛する。オペラ座でのバレエ鑑賞、朝の光とマルシェ、黄昏時にセーヌ川の橋から眺める風景、夜の灯りetc.。パリの魅力的な日常を、日々満喫。
Instagram:@mlleakiko、朝ごはんブログ「mes petits-déjeuners」も随時更新中。

ARCHIVE

MONTHLY

     

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。