Editor's Blog

京都のディープな夜案内。

こんにちは、編集TAOです。10月20日発売号は別冊・京都特集。取材のため、しばらく京都に滞在していました。あまりお酒を嗜まない私。酒に呑まれることもなく、ひとり京都の夜は長い。というわけで、編集TAOの個人的な夜の京都案内をお届けします。

まず、今年オープンしたばかりということで気になっていた「ローヌ」。15時から23時30分までと、夜メインで営業する喫茶店。昔ながらの喫茶店が根付く京都で、斬新なスタイル。

181012_r_2.jpg

181012_r_1.jpg

オーダーすべきは、やはりナポリタン。ケチャップ仕立てのシンプルな味と香ばしい香り。これぞ求めていたというような、王道のナポリタンです。おともにミントティーをチョイス。

181012_n_.jpg

デザートには、懐かしい味わいのプリンを。ほどよい硬さが、個人的に好み!

181012_p_.jpg

ほかにもカレーやカツレツなど、しっかり系ごはんが一日中楽しめます。オーナーがフレンチ出身とあって、田舎風パテなどお酒のアテになるメニューも豊富。アルコール派もノンアル派も心地よく過ごせるのがうれしい。近所にあったら毎日通ってしまいそうです。
    
昔ながらの良い銭湯が多く残っているのも、京都の魅力。町の規模が大きくないので、15分、20分なら、平気で歩いてしまいます。「ローヌ」でごはんを食べた後は、白山湯へ。サウナと露天風呂、地下水を汲み上げた水風呂があり、サウナ好きにはたまらない! 大変整いました。

181012_h_.jpg

銭湯を語るなら外せないのが、サウナの梅湯。川辺で怪しく煌めくネオンが目印。廃業寸前の老舗銭湯を若手が復活させたことで話題に。2階には彫り師が常駐しているという、カルチャーとしてもおもしろいディープなアドレスです。タイルや天井など、レトロな内装も可愛くて楽しい!

181012_u_.jpg

そんなこんなで、ごはんと湯巡りで京都滞在を楽しみました。10月20日発売号の京都特集は、新しい京都の魅力が満載。この秋は京都に行きたくなること、間違いなしです!

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。