Editor's Blog

住む場所に求めるもの。

こんにちは。編集部で最近引っ越しをした中のひとり、編集YUKIです。
そんなわたしにとってとても素敵な機会が訪れました。以前ニュースでもご紹介した、ユナイテッドアローズがプロデュースするリノベーションサービス「RE:Apartment UNITED ARROWS LTD.」の最新の部屋の内覧にお声がけいただいたのです。

190717_blog_UA_01.jpg

「RE:Apartment UNITED ARROWS LTD.」は、ユナイテッドアローズが設計・監修を手がけ、グローバルベイスのオーダーメイドリノベーション事業「マイリノ」が都心の優良中古マンションの調達と施工を行うというプロジェクト。その第6弾となる「CASE006 / PLAN B」は、豊かな緑を望む立地にありました。

190717_blog_UA_02.jpg

ファッションが好きで、上質なものを好む大人のためにデザインされたという空間。部屋自体の個性はあまり打ち出さずに、その人らしさを表現できるように設計されたそう。

たとえば、何気なく置いたものの魅力が引き立つようなライティングなど、随所にユナイテッドアローズの店舗設計のノウハウが生かされているとのことです。

天井に散りばめられたダウンライトや、壁と一体化した収納と扉、巾木がない!などなど、ワクワクする仕掛けがいっぱい。

---fadeinpager---

190717_blog_UA_03.jpg

150平米を超えるメゾネットタイプで、リビングダイニングが上の階、寝室やバスルームは下の階に。人を招くことのできる空間とプライベート空間を分けています。さりげなくアートが置かれた主寝室には……

190717_blog_UA_04.jpg

まるで店舗かと思うようなウォークインクローゼット!

190717_blog_UA_05.jpg

ゆったり取られた洗面室は、キッチンと同じシーザーストーンの天板で、天井から一面ミラー。洗面室とバスルーム、ランドリースペース、主寝室は引き戸を開けるとひとつに繋がり、まるでホテルに滞在しているような開放的な空間に。

190717_blog_UA_06.jpg

黒が基調のシックなバスルームにも、人間工学に基づいた浴槽、柔らかな床、4つの調光調色システムの照明……さりげない工夫が満載です。

190717_blog_UA_07.jpg

こんな夢のような部屋に住むことは現実には難しくても、住む場所に何を求めるか、何を優先するかを考えるのは、とても楽しく、工夫のしがいのある豊かなことですね。

以前、取材でお会いした女優さんが、家とは必ず帰ってきて、自分をまた元気にして送り出してくれる場所だから、“ここに帰りたい”と思える場所が見つかるまで探す、と語られていたのを思い出しました。

「RE:Apartment UNITED ARROWS LTD.」で出合ったワクワクを心に、自分の住む空間も整えていきたいとあらためて思いました。やっと引越しの段ボールを引き取ってもらった我が家にとっては遠く果てしない道のりです。

190717_blog_UA_08.jpg

グローバルベイスの「マイリノ」では、ユナイテッドアローズのほかにも、さまざまなコラボレーション企画を行なっています。お花屋さんとコラボしたグリーンと暮らす部屋、動物病院とコラボした猫と暮らす部屋、などなど……興味のある方はぜひご覧になってみてください!

グローバルベイス
https://www.globalbase.jp/case/

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。