Editor's Blog

東京の中の小さな近江へ、とろける肉を求めて。

焼肉はレア派、なんなら皿から取った生肉を網じゃなく口に直行させるのもやぶさかではないコントリビューティングエディターの愛甲です。

だもんで焼肉屋に行ったらユッケは絶対食べたい。とはいえ外食はおろかユッケとなるとさらにハードルが高い昨今。フラストレーションがたまっていたところに、絶品ユッケが食べられるというお店があるという情報を入手し、早速プレオープンにお邪魔してきました。

訪れたのは、都内で3店舗目となる「にくTATSU 渋谷店」。
ここで扱う牛肉はすべて、A5等級の「近江うし」。「近江うし」とは日本最古のブランド牛で、霜降りの度合いが高いのに脂が軽いのが特徴だそう。ていうかリリースの文字を追っているだけで目からよだれが垂れそう。
噂のユッケはタレと塩の2種をいただいたのですが、特に塩の方はあっさりとしていながらも滋味深いお出汁のコクと肉の甘さが感じられ、他では味わえない美味しさでした。

210906_yukke.jpg

「にくTATSUユッケ」¥1.595。店内に生食専用の厨房を設け、生肉取り扱い許可を得て調理されている。

ハラミやロース、サーロイン、カルビなどのお馴染み焼肉メニューもさすがのクオリティなのは言わずもがな、ここでしか食べられない逸品をもうひとつ挙げるとしたら、タンカツサンド。
約8時間煮込まれトロトロになったタンをカラリと揚げてトーストにサンドしたそれは、パンの方が歯ごたえあるんじゃないかと思うくらいの柔らかさでちょっとびっくり。

210906_katsusandwich.jpg

分厚くカットされた断面にもそそられる「タンカツサンド」(2切れ)¥2,200。テイクアウトもあるので、タン好きの方はぜひお試しを!

ここまで味のことばかり語りまくってしまいましたが、このご時世で気になるのがコロナ対策ですよね。その点、「にくTATSU 渋谷店」はすべて完全個室で、室内の空気が1分40秒ですべて入れ替わるという最新の換気システムを導入と、安心&安全なところも魅力。
早くも、次の近江行きはいつにしよう?と脳内に霜を降らせています。

210906_room.jpg

12室ある個室は最大3部屋まで繋げられる。ルームチャージなしというのも嬉しいポイント。

にくTATSU 渋谷店
東京都渋谷区神南1-20-15 神南101ビル1階
tel:03-5489-2911
営)11時30分〜23時(ランチラストオーダー 14時30分/ディナーラストオーダー22時30分)
不定休
https://nikutatsu-shibuya.com/

ARCHIVE

MONTHLY

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories