Blog

キャスの東京散歩

初めてのボスニア・ヘルツェゴビナ。

初めて訪れた場所なのに、ノスタルジックに感じることはありませんか?

懐かしい音や香りのせいなのでしょうか。

たとえば、初めて訪れた友達の家で、祖父母の部屋のような匂いがしたり。私はそんな経験を、日本に住んでいる間に何度もしました。

最近、友人の結婚式でヨーロッパへ旅行に行きました。場所は、クロアチアのドゥブロヴニク。

190806-cath13.jpg

ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタル市は、ドゥブロヴニクからそれほど遠くないところ(バスで3時間)にあります。日帰り旅行先として人気らしいです。

ボスニア・ヘルツェゴビナはもちろん、ヨーロッパのそのエリアに行くのは初めてでした。でも、少し懐かしさも感じました。

190806-cath10.jpg

---fadeinpager---

モスタル(そしてボスニア・ヘルツェゴビナ)は、非常に複雑で激動の歴史を持っています。

約20年前、街は発砲の音で騒がしかったのですが、最近は、家族や観光客のおしゃべりと流行のポップスでにぎやかです。

それは歴史が忘れられているということではありません。
通りには、弾丸で穴があいた壁、放棄された店、そして、かつて壮大だった建物の跡が残っていました。

190806-cath03.jpg

しかし、私をノスタルジックな気分にさせるのは、この建物ではありません。

モスタルは東と西のミックスと言われています。とてもヨーロッパ的で、トルコのような場所の影響を強く受けているのです。

190806-cath20.jpg

モスタルで有名な、平和を象徴する橋「スタリ・モスト」。 戦いの傷跡が残る建物や宗教、文化のミックスが、モスタルを非常にユニークで興味深い場所にしています。

10歳の時、トルコを訪れたことがあって、それ以来トルコはいちばんお気に入りの場所。だから懐かしい気持ちになるのかもしれません。

190806-cath19.jpg

街には数十のイスラム教のモスクがあるだけでなく、さまざまな宗派の教会もあります。

---fadeinpager---

食べものも、文化のミックスをよく表しています。

190806-cath01.jpg

トルコで食べたものと似た肉料理や野菜料理(ドルマやムサカなど)が、「サイゼリヤ」風ピザやパスタと一緒に出てきます。

宿泊したのは、17世紀に建てられた「ムスリベゴヴィック・ハウス」。

190806-cath14.jpgホテルの朝食は地中海風でした。

ホテル兼博物館の部屋には、かつて居住していたムスリベゴヴィック家の美しいカーペット、リネン、遺物がいっぱい。

190806-cath11.jpg

190806-cath12.jpg

午前中は庭に座ってトルコのお茶を飲みながら、夏のアジサイが咲いているのを眺めました。

190806-cath02.jpg

---fadeinpager---

モスタルの「Old Town」の市場は、イスタンブールの市場とよく似た、おしゃれなお土産でいっぱいです。

たくさんの金属製のお茶セット、美しい刺繍の施されたリネン、そして弾丸で作られたボールペンも市場の通りに並んでいます。

190806-cath18.jpg

190806-cath15.jpg残念ながら、私のケチなくせと靴箱サイズのスーツケースのせいで、トートバッグ以外のものは買いませんでした。

モスタルは、新しくてエキサイティングな街。トルコの影響があるのでとても懐かしくて、過ごしやすい。10年以上前の家族旅行のことを思い出しました。

はたして子ども時代の記憶でしょうか、
それとも、私は前世でここに訪れたことがあったのでしょうか(笑)。

190806-cath08.jpg

キャス

モデル/英語教師
東京在住のニュージーランド人。ファッションとアート、そして空想することが大好きで、レトロな日本に恋する渋い女の子。
Instagram:@akafukuu

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。