おいしい料理求めて、まりモグがゆく。

スイーツの祭典「マ・パティスリー」で気になった、キュートなおやつ。

伊勢丹新宿店で5月29日から6月3日まで開催されているスイーツの祭典「マ・パティスリー」を、フィガロのグルメ担当まりモグが訪問! いま食べるべきスイーツをピックアップします。

240529_marimogu_isetan_top.jpg

「マ・パティスリー」と言えば、本館B1Fのカフェ・エ・シュクレ内に2020年まであった週替わりのスイーツショップ。なかなか買えない地方の人気パティスリーも出店していたので、伊勢丹新宿店に行くと必ずパトロールしていたものです。なので今回の祭典は、この「マ・パティスリー」がビッグになって戻ってきた!ということ。注目度も上がります。

出展ブランドは全33。イートインでいただくアシェットデセールから、手土産にもぴったりな焼き菓子まで、バリエーションも幅広く、甘い香り漂う会場内を歩いているだけでワクワク。ターゲットを決めて、いざ出陣です。

240529_marimogu_isetan_1.jpg

おすすめその1:プレファレンス×ヤヨイ東京の「マリアージュ」(¥701)

パティスリー界の新星、新中野の「プレファンス」とジェラート店「ヤヨイ東京」のコラボスイーツです。3種のピスタチオをブレンドしたジェラートと、フランボワーズなどを練り込んだ5種のフルーツのジェラートのミックス。それぞれの店舗の代表的なフレーバーを盛り込んだ、とっておきの味。ベリー由来の爽やかな酸味と上品なコクのあるピスタチオの味が口の中で重なります......。限定コラボなので、もちろん食べられるのはここだけ!

240529_marimogu_isetan__2.jpg

おすすめその2:Equal(イコール)のドーナツ各種(¥381~)

泣く子も黙る、幡ヶ谷のイコール。これまで5回くらい訪問しているのですが、いつもタイミングが悪く、シュークリームとチーズケーキしか買えず......(こちらも絶品なのですが)。今回、イコールは催事初出展で、アントルメは出さず、ドーナツオンリーとのこと。これは行くしかありません。定番のフレンチクルーラーのほか、レモングレーズドクルーラーなど全6種をラインナップ。持ち帰りも可能ですが、買ってすぐ、その場でいただくのが断然おすすめ! 卵感たっぷり、ふわふわ食感とみずみずしさが同居する生地は、「これがフレンチクルーラー⁈」と既成概念を変えてくれます。

240529_marimogu_isetan_3.jpg

おすすめその3:パティシエ・シマの「僕のトロペジェンヌ」(¥702)

スイーツ界の巨匠・島田進さんが1998年に創業した、麴町にある名店。いまは息子の徹さんが引き継いでいますが、お父さんの代から大ファンで、店でのおすすめはクレームアンジュ。今回の催事でぜひチェックしたいのが会場限定のトロペジェンヌ。南仏サントロペの銘菓で、リッチなブリオッシュ生地でクリームを挟んでいます。上にのったワッフルシュガーがサクサク、楽しいアクセントに! 

もちろんその他にも魅力的なスイーツがいっぱい。会場内は混み合うこと必至なので、事前リサーチのうえターゲットを定めてぜひスイーツハントに出かけてみて。

マ・パティスリー2024
会場:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店 本館6F 催物場
一般会期:5/29~6/3(10時~20時 ※最終日のみ18時終了)
www.mistore.jp/shopping/event/shinjuku_e/mp_10

まりモグ

幼少期から北京を拠点にアジア、欧米、太平洋の島々などを旅し、モンゴルの羊鍋からフランスのエスカルゴまで、さまざまな現地の料理を食べ歩く。特に香港は、多い時で年4回のペースで通うほどの“香港迷”。食べ過ぎ飲みすぎがたたり、28歳で逆流性胃腸炎を発症。ワイン好きが高じて、2021年にJ.S.A.認定ワインエキスパートを取得。

ARCHIVE

MONTHLY

シティガイド
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
編集部員のWish List!
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories