Blog

  • HOME
  • BLOG
  • おいしい料理求めて、まりモグがゆく。
おいしい料理求めて、まりモグがゆく。

東京グルメで、イタリア~香港~台湾へトリップ!

旅に出られず、ウズウズしています。

人生でこんなに都内から出なかったのは初めてかもしれません。なんとか気持ちを抑えられたのは、最新号「旅する気分で過ごしたい。」特集を担当したからかも……。グルメのページでは、リトアニア~ジョージア~ラオス~シンガポールなどなど、計8カ国の家庭料理を平野由希子さん監修のもと撮影。撮影用の料理が代わるたび、スタジオに充満する香りも代わり、そのたびに心は海外へ。味と香りって大事ですね。かなり旅欲が満たされたので、みなさんもぜひレシピチェックしてみてください。

200623-marimogu-10.jpg200623-marimogu-09.jpg

ということで、緊急事態宣言も解除され、旅欲を満たすためのグルメ行脚に出ました。まずは大手町のイタリアへ。新オフィスビル内に誕生した「ヴェンキ Otemachi One店」は、チョコレートジェラート専門店ヴェンキの国内3店舗目。今回初めてカフェスペースが登場し、この店限定のメニューも。

200623-marimogu-07.jpg200623-marimogu-08.jpg

それがこちら(写真上左)、熱々のエスプレッソをかけていただくアフォガード。ミルキーなジェラートと濃厚なチョコレート、ナッツの風味が合わさり、リッチな味わい。1杯で満足できますが、ほかのイートイン限定メニュー、コーヒーヌガティーヌとヴェンキーノも気になりました。

帰り際にはジェラートを。夏の新フレーバー、レモンピール入りピスタチオがおすすめです。

---fadeinpager---

200623-marimogu-06.jpg200623-marimogu-03.jpg

続いて訪れたのが、愛する香港。今年に入ってから2度キャンセルするハメになり、その都度恋焦がれる気持ちが増幅。……ということで、新駅の誕生で盛り上がる虎ノ門横丁へ。バードランドやエレゾ、アタ、si si 煮干啖など食いしん坊にはたまらないラインナップなのです。そこで一目散に訪れたのが、「香港焼味酒家 赤坂璃宮」。名前のとおり赤坂璃宮による、焼き物専門店。「香港で必ず食べるものリスト」に入れている窯焼きチャーシューや焼き豚など、めくるめく焼き物ワールドが体験できます。

ご飯が付いたバージョンと、焼き物だけのバージョンがあるので、ひとりランチにも、夜、お酒と一緒に楽しむにも最適です。個人的なお気に入りは広東風ローストダック。パリっとした皮と、ダック独特の脂が香港指数をぐっと高めてくれます。 

200623-marimogu-04.jpg200623-marimogu-05.jpg

 締めはダブル炭水化物で。甘辛いタレと豚の脂が絡み合う煲仔飯(裏メニュー)と、定番のエビワンタン麺です。細くて歯切れのいい麺がたまりません。スープもとってもきれいな味。2杯はいけそうでした。

200623-marimogu-01.jpg200623-marimogu-02.jpg

香港熱が収まったところで、今度は台湾へ。換気?もばっちりなテラス席を擁する、室町テラスのフージンツリーを訪問しました。人気メニューを全制覇した中で、特に印象に残ったのが、味が染み染みの「台湾揚げ出し豆腐」と「花ニラとピータン 豚挽肉のピリ辛炒め」。花ニラの食感が心地よく、辛味と塩味もほどよいのでシャンパンがぴったり。これからの季節、夜風も気持ちいいので優雅な台湾タイムが過ごせそう。

今後しばらくは、口とお腹を海外モードに切り替える、妄想トリップ作戦を続けたいと思います。 

まりモグ

好物はお肉と甘味と白子と鮨。アルコールはヱビスからワイン、日本酒、蒸留酒まで幅広く。東京→神奈川→北京育ちの雑食系モグエディターMA。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。