and lines and shapes.

『夢のチョコレート工場』と『チャーリーとチョコレート工場

バレンタインだったので、久しぶりに2005年のティム・バートンの『チャーリーとチョコレート工場』とメル・スチュアートの1971年の『夢のチョコレート工場』を観ました。

210216-okuzawa-blog.jpg

それぞれの原作の解釈の仕方の違いや、製作年による細かい設定の違いなどを見比べることができて面白かったです。

チョコレートやお菓子の表現においてはティム・バートン版の方がリアルで美味しそうでしたが、1971年の『夢のチョコレート工場』の方がアナログ感がありどことないぎこちなさが微笑ましく、また、幼少期と父親との関係が描かれているジョニー・デップのウォンカより、ミステリアスで毒味のあるジーン・ワイルダーのウォンカの方が好みでした。
ウンパ・ルンパの歌がまだ頭の中でリピートしています。

Miho Okuzawa

東京都出身、ロンドンの美術大学セントラル・セント・マーチンズのグラフィックデザイン科卒業。
現在フリーのイラストレーターとして活動中。
instagram: @miho_okuzawa

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。