Blog

  • HOME
  • BLOG
  • 1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。
1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。

プチピクニックとTさんのBIKE。

みなさん、こんにちは!
今日はずっと行ってみたかった南大沢のCICOUTEBAKERYと、
Tさんのカスタムバイクをシェア。

かれこれ20年前、下北沢に5年住んでた私。
私が越したあとにオープンしたCICOUTE CAFE、
ご存知の方も多いと思うけど、
絶品マフィンがいただける行列のできるカフェでした!
マフィンはハムチーズまたは蜂蜜とバターか選べるのも魅力的で、
スープかサラダをチョイスできるスタイル。
モリモリのニース風サラダの盛り方を真似て
休日の朝、よく作ってたなぁと。懐かしいな〜。

カフェの雰囲気がまたとても素敵でね、
CICOUTE CAFEをRolleiで撮影した1枚がこちら。

IMG_9946-2.jpg

下北沢がクローズした後も自由が丘近くに住んでいた時期は、
週1で自由が丘の雑貨屋さんにパンやマフィン入荷があり、よく買ってた。
その後、CICOUTEBAKERYが町田市から移転して南大沢でオープンと知り、
ずっと伺ってみたいと思っていたけどなかなか機会がなくて、
今回、TさんのBIKEを製作してくれたSHOPの近くだと分かりその前に、
念願の南大沢にあるCICOUTEBAKERYへGo!
急いでピクニックの準備したよ〜!

DSC06165-2.jpg

フランスのアンティークバスケットが大活躍で
木製ボードやバスク旅で購入した琺瑯プレート、カトラリーやクロスを入れて。

シートはね、タイのチェンマイを旅した時に150円ほどで、
購入したのが重宝!
軽くて持ち手付きがいいでしょ?

DSC06124.jpg

南大沢の小さな商店街にあるCICOUTEBAKERYは、
2013年にオープン。ずっと行ってみたかったから初訪問にワクワク。
オープンから少し遅れること、無事到着。
わぁ〜!な、ら、ん、で、るーーー!少し心が折れそうになったけど、
とっても楽しみにしてたので待ちました。

自粛解除後、イートインはクローズでテイクアウトのみの営業。
店内は3名までの入店制限。
ソーシャルディスタンスな距離を保ちながら待ち、完売する前に入店!ほっ。
本日のタルティーヌとタルトフランベをピクニック用に!
車で数分、駐車場もある小山内裏公園 へ。
芝生にシートを敷いてプチピクニックランチ。

DSC06112.jpg

家からキャロットラペとささみと新玉ねぎのレモンマリネ、
完熟トマトにここ最近何度も焼いてるバナナケーキも持参〜。

M1.jpg

本日のタルティーヌからタルトフランベ。

DSC06114.jpg

人参と大根とベーコンに甘くないピーナッツペーストはあとを引く!
フランスアルザス地方を周遊した時、
コルマールのカフェで食べた懐かし思い出。
そのカフェから見えた景色が美しかったのでみなさんにもシェア。Rolleiで撮影。

スクリーンショット 2020-06-10 12.29.16.jpg

甘いタルティーヌも絶品。

DSC06119.jpg

小豆島無農薬夏みかんのマーマレードとフロマージュブランの組み合わせが最高だった。
ワインにも合いそう〜!

緑を眺めながら遠くで子供達の賑やかな声が聞こえる。
穏やかで美味しいひととき、最高だった。
また行ける機会があったらプチピクニックしよう!

お持ち帰りしたパンたちはこちら。相変わらず大人買いです(笑)

DSC06153.jpg

パン好きな方、南大沢にCICOUTEBAKERY ぜひおすすめです。
この日は入店制限もあり休日だったので結構待ちました。
時間に余裕をもって行かれるのがいいですね。

さぁ!TさんのBIKEを製作してくれたCherubimへGo!

DSC06150.jpg

夫であるTさん、休日のTパンとBIKEが趣味。
実は私、T's BIKEのスポンサーでもあるの(笑)
新車選びに私も気持ちを重ねたくて一緒に検討。
カスタムバイクを数あるバイクショップからCherubimに決めたのは、
Cherubimオーナー職人 今野さんの人柄が大きいとTさん。
何度か足を運び、創り手の想いやこだわりを感じ、
今野さんにお願いしたくてCherubimにしたそう。

TBIKE2.jpg

私はCherubimのサイトやBIKEを見て、
単純にスリムな美しいスティールに目が釘付けになった。
今野さんの言葉にある
「依然として最も理想的なフレーム素材は、スティールである。」
これが、競技の世界で戦ってきたケルビムの結論です。

その言葉に共感!
BIKEじゃないけど、我が家のインテリアは木×鉄の組み合わせが多い。
北欧ヴィンテージの家具はどれも繊細かつ美しい。
だからTさんのオーダーBIKEを私も心から楽しみにしてた。
今回、はじめて同行して創り手のスタッフの方々に会えてよかった。

ご縁って、とても大事だよね。

TさんのBIKEをCherubimのInstagramにUPしたら
海外の方からの反響がとても大きかったとスタッフから聞いて、
色選びからすべて妥協することなく長い時間をかけてよかったね。
50代のTさん、これからも怪我には気をつけてBIKE LIFEを楽しんでね!

TBIKE.jpg

明るめのマッハシルバーにピンクのアクセントカラーをチョイス。
私は勝手にロマンスグレーヘアーのTさんのイメージに合うって直感!(笑)

そしてラストの1枚はMの刻印。
反対側にはTさんの名前が刻まれてる。

DSC06144-2.jpg

スポンサーとしてどこかに小さくMIKIのMを入れてね!と冗談で言ったら、
こんなに美しいMが刻まれていて感動した。
世界で唯一無二、TさんのBIKEを製作してくれた今野さんはじめ
Cherubimのスタッフの皆さんに心から感謝の気持ちでいっぱいです。

私もカスタムBIKE欲しくなったよ(笑)
その時はよろしくお願いします!なんてね。

いくつになっても好きなことに夢中になって楽しんでほしい。
私もこの先の人生、好きなことを思いっきり楽しむよ。

みなさん、いつも読んでくれてありがとう。

 

MIKI *

モデル/フォトグラファー
20代からフィルムカメラで旅の記録を撮り始め、その後ドイツ製のカメラ、Rolleiflexと出合う。旅の写真と思い出を綴ったrollel-life.com や、ライフスタイルを紹介したインスタグラム miki_rolleilife は温かみのある写真と文章が人気。2018年に10年間にわたり撮影した3874枚の中から62枚を厳選し、
言葉をそえた初の写真集「Rollei Life」を出版。現在はフォトグラファーとして、また自身もモデルとして数々のCMや雑誌で活躍中。Prestige所属

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。