Blog

  • HOME
  • BLOG
  • 1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。
1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。

東京で?!キウイフルーツ狩りへGo!

みなさん、こんにちは!
今日はとびっきり楽しくて美味しい東京散歩をシェア。

フルーツが好物な私。キウイフルーツも大好き。
え!東京でキウイフルーツ狩りできるの?
友人からの嬉しい情報に、行ってきました!

その前に美味しいランチを食べにシエル・ドゥ・リヨンへ。
JR国立駅から数分の静かな住宅街、
オープン前に友人が並んでくれたおかげで無事入店。
あっという間に満席。佇まいも可愛いらしいの。

DSC01862.jpg

ランチメニューは数種類、私たちは人気の若鳥のローストをオーダー。
これが絶品!若鶏の表面はカリッという音とともに、
こんがり焼かれてて食感が見事!パリパリの表面に比べ、
中身はほろりと骨からも外れてジューシーで柔らかく、
肉汁がジワジワ〜。粒マスタードソースとマッシュポテトがとても合う◎

DSC01850.jpg

このボリュームで1200円は破格にリーズナブル!オーダーして大正解。

食後のデザートも数種類。
この日から季節限定のタルト・タタンがメニューに!迷わずオーダー、
ボリュームあるので友人と半分こしたよ。

DSC01857.jpg

熱々のまるごと林檎にバニラのアイスクリームとカラメルソースが絡み、幸せ〜。
飲み物はプラス400円、タルト・タタンは880円、
食事と合わせてもこのコスパはとてもお得。
シエル・ドゥ・リヨン リピート決定だよ!

気付いたらランチタイムぎりぎりまでお喋り。
内装も落ち着いた雰囲気で心地よかったな。

DSC01858.jpg

さぁ!お目当てのキウイフルーツ狩りへGo!
お天気も良かったからお散歩がてら歩いてね。
JR国立駅からは南口を出て徒歩15分ぐらいかな。
住宅街のど真ん中にある澤登キウイ園
敷地内に入るとキウイの木のトンネル〜、大興奮の私。

DSC01864.jpg

こちらでは無農薬でキウイフルーツを栽培、毎年10月下旬から11月中旬まで、
キウイフルーツ狩りと直売を行なっている。

DSC01866.jpg

園内では外見が丸いものや長方形のもの、中身が緑色や黄色のものなど、
数種類のキウイフルーツを栽培。受付でカゴを借りて、キウイフルーツ狩りスタート。

まずは「きいろ」!枝に品種名が下がってるの。

DSC01878.jpg

キウイフルーツってこんなふうに木になるんだね〜!

DSC01874.jpg

アラフィフの私、童心に返ってスーパー満喫なう(笑)
友人が撮ってくれたよ。

DSC01891.jpg

お次は紅芯きいろ。

DSC01895.jpg

こちらは国立イエロー。

DSC01896.jpg

気付いたらカゴがいっぱいに。

DSC01922.jpg

友人も実家の両親に送るの〜と、楽しそう。

名称未設定 1.jpg

せっかくなのでバスクの栗のカゴに入れて記念撮影。
Rolleiflexでも撮影したよ、撮れてますように!

DSC01916.jpg

カゴを持つ友人がとても可愛いかった。
彼女はずっと前から私の旅写真を見てくれてるひとり。
私が旅したフランスのアルザス地方の小さな村にも夫婦で旅してくれてね。
新居には個展で販売したトスカーナの風景写真を飾ってくれてる。
可愛い妹のような大切な友です。

DSC01926.jpg

好きなだけキウイフルーツをもぎ取り、1kg600円で直売してくれるの。
量ってもらうと、1.7kg!お会計が1000円ちょっと聞いて、
なぜか私「すみません!もう少しもぎ取ってもいいですか?」と、
さらにもぎ取る〜(笑)追加して2.5kg 1500円!安っ!
楽しい上、こんなにリーズナブルだなんて、感激でした。

帰宅して数を数えたら33個。1個あたり約46円!Tさんびっくりしてました。
もぎたてはまだ硬いので追熟させてからいただきます!
林檎と一緒に袋に入れて3、4日後かな、楽しみ。

園のスタッフに聞くと、今年は11/4までは予約可能(5日以降は確認してね)
私たちは予約なしで行ったよ。
行かれる方は事前に澤登キウイ園チェックしてからお出かけくださいね!


はしゃぎすぎて喉が渇いたので、歩いて数分のfood mood へ。

こちらは料理家 なかしましほさんのお店。
素材にもこだわりバター不使用で菜種油を使用。
心も満足できるお菓子だよ。
季節限定の栗と甘酒ソフトクリームのパフェ、自家製ホットジンジャーでティータイム。

DSC01933.jpg

ごろっとした甘煮の栗、下にはグラノーラ。
ソフトクリームとのバランス最高!
グラノーラはお土産にもGET!
友人とのお喋りも楽しくてあっという間に夕方に。

DSC01940.jpg

外に出たら綺麗な夕焼け。ご褒美みたい。
友人と別れて駅までの帰り道、アカリベーカリーへ。Tさんのお土産ね。
角食目当てが完売で残りわずかのバゲッドをGET! 次回は早めに行こう!

DSC01942.jpg

美味しいランチにキウイ狩りにスイーツ。
充実した1日、満喫できたのはお供してくれた友人のおかげ。
いつもありがとう!
みなさん、キウイフルーツ狩りへ今週末の連休にいかがですか?
(果実がなくなり次第、閉館のなので事前にチェックしてみてね)

いつも読んでくれてありがとう。

 

MIKI *

モデル/フォトグラファー
20代からフィルムカメラで旅の記録を撮り始め、その後ドイツ製のカメラ、Rolleiflexと出合う。旅の写真と思い出を綴ったrollel-life.com や、ライフスタイルを紹介したインスタグラム miki_rolleilife は温かみのある写真と文章が人気。2018年に10年間にわたり撮影した3874枚の中から62枚を厳選し、 言葉をそえた初の写真集「Rollei Life」を出版。 現在はフォトグラファーとして、また自身もモデルとして数々の CMや雑誌で活躍中。Prestige所属

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。