1枚から始まる、旅と私のタカラモノ。

スパイスマジック!レカマヤジフのスペシャルランチコース♩

みなさん、こんにちは。
4月、春ですね。
今日はお気に入りのカレー店、
祐天寺にあるレカマヤジフをシェア。

以前、フィガロジャポンの記事で
紹介されていたのを読み
伺ってからすっかりハマってしまった。

東急東横線の祐天寺駅から
徒歩5,6分かなー。住宅街にある古民家。
レカマヤジフ←を逆さ読みだとフジヤマカレ(笑)
店内のイラストには富士山!
店名がユニーク。

DSC03606.jpg

店内は開放感があって広く、
壁一面にスパイスと漬け込み酒がずらり〜!写真はカウンター席。

DSC03608.jpg

ランチはカレーとスリランカ名物エッグホッパーを提供。
この日は前回もいただいたランチコースが
あまりにも美味しくてスパイス好きな友人の
ささやかなお祝いも兼ねてコース料理をオーダー。

お料理はお任せではじめに茶碗蒸しが出てきます!
菜の花がトッピング、好みで生胡椒を混ぜて。
やさしい味わいにほっとします。

DSC03586.jpg

次は前菜の盛り合わせ。
中央は帆立とマーラオのソース
菜の花とブラックマスタードシードの辛子和え
自家製の燻製ベーコン
インゲン豆とホワイトペッパーと中国高菜のソテー
春キャベツのアチャール
まこも茸とレモングラスのマリネ
カリフラワーとターメリックのドライサブジ

DSC03588.jpg

ひと口サイズでたくさんの種類をいただけるのも魅力!
それぞれにスパイスがバランスよく効いて、
友人と興奮しながら完食〜。

DSC03591.jpg

お次は熱々の青山椒の水餃子
甘いネギのソース添え
コレ、ヤバイです。美味しくてビックリします。
中はプリップリでソースも美味。
単品での提供もあるのでカレーに合わせてオーダーも◎

お魚が出てくると、え?ここはカレー店のはず?笑
もうね、お魚もとっても美味しいんです。
盛りつけにも毎回うっとり。

DSC03593.jpg

ヒラスズキ シナモンを効かせた魚醤のソース
焦したネギと発酵させたパプリカのソース
肉厚なスズキは皮目もカリッと、ソースが絶妙です。

DSC03600.jpg

メインのカレーはレカマヤジフの人気イチオシの1品!
台湾の幻の香辛料とも呼ばれる胡椒を使用した
馬告(マーガオ)キーマカレー!!!
まず見た目に歓喜の声が毎回出ちゃう。
レモングラスのような香りで
さっぱりスパイシーな香り高い一品。
モロヘイヤのねばねばもたまらない。

DSC03602.jpg

デザートはスパイスの効いた
チョコレートテリーヌ
濃厚で〆に最高でした。

6品3800円のランチコース!
カレー店なのにここまでクオリティー高い
コースを堪能できるなんて感動しかない。
聞くと、高木シェフは
18歳よりペニンシュラホテルの広東料理にて腕を磨き、
25歳で若き才能を発掘する
日本最大級の料理人コンペティションにて入賞、
才能溢れる料理人なのだ。
ディナーコースでは中国料理をベースに
全10種類程度の料理を提供、
こちらもおすすめです!と高木シェフ。
次回はディナーに伺いますね。
いつも感動をありがとうございます。

DSC03611.jpg

店内は木材と白を基調、
天井が高く明るく洗練された空間。
カウンター席とテーブルは24席。

古風な外観、もともとは工場だったそう。
1階がレストラン、2階はスパイスの工房として使用。

DSC03612.jpg

何度来ても美味しさに感動。
ランチはカジュアルに友人や家族と、
ディナーはデートや接待、記念日などにもいいですね。
レカマヤジフで、
カレーとスパイス料理の新境地いかがですか?
ぜひおすすめします。

みなさん、いつも読んでくれてありがとう。

MIKI *

モデル/フォトグラファー
20代からフィルムカメラで旅の記録を撮り始め、その後ドイツ製のカメラ、Rolleiflexと出合う。旅の写真と思い出を綴ったrollel-life.com や、ライフスタイルを紹介したインスタグラム miki_rolleilife は温かみのある写真と文章が人気。2018年に10年間にわたり撮影した3874枚の中から62枚を厳選し、
言葉をそえた初の写真集「Rollei Life」を出版。現在はフォトグラファーとして、また自身もモデルとして数々のCMや雑誌で活躍中。Prestige所属

ARCHIVE

MONTHLY

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories