Blog

  • HOME
  • BLOG
  • かぐわしきみなと通信
かぐわしきみなと通信

晩夏の箱根二人旅ー美術館のようなホテルへ

日本も香港も、殺伐としたニュースが飛び交う今日この頃です。せめてしばし、美しい旅先の思い出に浸って和みたくなりました。

ということで、ちょっと間が空いてしまいましたが、昨年9月の箱根旅の続きです。

箱根湯本から車で30分ほど走って仙石原のザ・ひらまつホテルズ&リゾートへ。

子どもの頃に家族で遊覧船に乗った芦ノ湖や、まだ伸び始めだった仙石原のススキ草原など、懐かしい場所を通り過ぎながら、あまりに深い緑が目から入り込んできて、脳までいっぱいになって溢れそうな清々しさです。

そして着きました。ひらまつです。お迎えに出てくださったのは、女将さんと燕尾服のソムリエ。そう、ここは日本の旅館と、フランスのオーベルジュを融合させたような特別なお宿なのです。

DSC08670.jpg

ひらまつ、と言えば、1982年創業のフレンチレストラン「ひらまつ亭」から始まった、日本のファインダイニングの草分けであるブランドです。今回ご縁があって、普段はロンドンで勉強している19歳の息子と二人でうかがうことになりました。

ホテルの中には、これでもか!というほどのアートとアンティーク家具。シャガール、ピカソ、ミロなど、私の大好物な後期印象派だらけです。

DSC08674.jpg

DSC08699.jpg

客室がわずか11室。チェックインの間も静かで、いきなり心が洗われるようでした。

ウェルカムドリンクも清らかなフルーツジュース。

DSC08673.jpg

館内を見学させてもらいました。豊かな箱根の緑の中に作られた池には蓮の花が。「モネの睡蓮みたいですね」とお話ししたら、まさに将来自然に蓮が育って、あの絵のようになるといいなと思っていらっしゃるそうです。

DSC08678.jpg

せっかくなので、ウェルカムドリンクを蓮池のところでいただくことにしました。うっとり。既に夢見心地です。

DSC08692.jpg

ちょっとしたコーナーが絵になる。でもガチガチに決めすぎないで、おうち感覚を残しているところが和めるポイントなのです。

DSC08874.jpg

そしていよいよシックな客室へ。そう奥にあるのは!!!

DSC08702.jpg

掛け流しの半露天風呂なんです!!! この日は雲がかかっていましたが、天気がいい日には富士山もちらりと見えるそうですよ。

DSC08710.jpg

息子と二人なのでどうやって入ろうと思っていたら、基本は普通に浴室感覚で扉を閉められたので(笑)、順番に入りました。

あまりに絵になって。ウェルカムティーとスイーツもお部屋に。

DSC08717.jpg

せっかくだからこちらも蓮池を眺めるテラスで。

DSC08730.jpg

日常の澱がさらりと流れて行きそうです。幸せ。

お風呂のアメニティはブルガリでした!(←アメニティチェック大好き、笑)

DSC08733.jpg

ベランダへの扉は網戸にもできるので、夜も虫が入らないようにしながら露天風呂気分を楽しみました。

寝坊して朝焼けは見られませんでしたが、もちろん朝風呂入りましたとも。

DSC08870.jpg

翌朝、ラウンジで見つけた風景は、マグリットの絵画のようでした。

DSC08871.jpg

そしていよいよ。お目当ての。食事の時間がやって来ます。帰りを気にせず寛いでいただく極上の食事が楽しみです。

 

 

 

 

甲斐美也子

2006年より香港在住のジャーナリスト、編集者、コーディネーター。東京で女性誌編集者として勤務後、英国人と結婚し、ヨーロッパ、東京、そして香港へ。オープンで親切な人が多く、歩くだけで元気が出る、新旧東西が融合した香港が大好きに。雑誌、ウェブサイトなどで香港とマカオの情報を発信中のほか、個人ブログhk-tokidoki.comも好評。大人のための私的香港ガイドとなる書籍『週末香港大人手帖』(講談社刊)が発売中。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。