Blog

  • HOME
  • BLOG
  • かぐわしきみなと通信
かぐわしきみなと通信

バンコク旅(2)-素敵バーホッピング

いつもは行動範囲が、隅から隅まで慣れ親しんだ香港とマカオなので、やっぱり何も知らない街に来てのドキドキワクワクという刺激、時には必要です。

ということで、土地勘もなく本当に見事に何も知らないバンコク(3回目だけど、ほとんど初めてにも近い)は新鮮でした。

今回楽しみにしていたのが、バーホッピング。私は2年前からThe Bar Awards香港というアワードの審査員にしてもらっています。このアワードは、シンガポール、バンコク、クアラルンプールでも開催されていて、オーガナイザーの一人、トロン君はタイ人なのです。

バンコクのバー!と言えば、この人の右に出る人はいないでしょう~、と彼の個人的に好きなバーいくつかに連れて行ってもらいました♪

地下鉄のHua Lamphong駅で降りて、徒歩でテクテク。ちょっと寂れた雰囲気はマカオの旧市街近くにも似ています。

File 2018-01-22 9 35 10.jpg

最初の店は、このTEP Bar!

DSC08968.jpg

中にはいると、吹き抜けの空間に、タイの民族音楽のライブバンドが! 

DSC09002.jpg

地元感があっていいですね。とても可愛いバンドメンバーたち。バンドというより楽団なのでしょうか。

DSC08996.jpg

カウンターに座った私たち! シェイク中のオーナーと目があったら、にっこり♪

DSC08977.jpg

こちらでは、タイの伝統的なハーブ(漢方薬的なイメージですね)を使ったドリンクをまず出してくれました。

お薬っぽいです! 体に良さそう(良薬は口に苦し!)

DSC08985.jpg

これが材料になっているハーブ。樹皮みたいなのもありますね。ちょっと精力増進的なものも入っているようです(ジェントルマンなオーナーさんがものすごーく遠回しに説明してくれました、笑)。

DSC09009.jpg

そしてフレッシュフルーツやタイハーブを使ったカクテルたち!

これはHidden Agenda。ザクロたっぷり。

DSC08990.jpg

こちらはYadongというタイのストリートドリンクをベースにしたもの。

DSC08988.jpg

実はお腹が空いている、ということで、ここは食べ物も美味しいんだよ、とトロン君がいろいろ注文してくれました。

香港にいると、プライベートでもたいてい店選びからオーダーまで私がやるのが当たり前になっているので、ここで完全に人任せなことが、妙に快感でした(笑)

そして美味しい!この点心のようなもの。外がカリカリ、中はジューシー!

DSC08986.jpg

大好きなファッタイもいただきました。さすが本場!

DSC08992.jpg

ビーフサラダも辛い!けどうまい!

DSC08994.jpg

宴もたけなわ、記念写真も。トロン君、ひょうきん者だけど根はとっても真面目な、本当にいい奴なんです! 翌朝早いのにありがとう。おねーさん達は大感謝。

DSC09008.jpg

2階にも席があって、ものすごく寛げる雰囲気でした。

DSC09013.jpg

これは上から下を覗いたところ。

DSC09015.jpg

建物の造りが大胆でいいですね!

DSC09020.jpg

香港とはちょっと違う、色彩と風景。でもアジアならではの共通点もあって、なじめます。

DSC09023.jpg

実はこのエリア、最近いいバーが集まってきたことで有名なのだとか。次のバーも徒歩圏内。この日は月曜日なので休みの店が多いんだけどね、とトロン君。

大人気のカクテルバー、Teens of Thailand、またの名をToT。

File 2018-01-22 13 46 37.jpg

中はこんな雰囲気! 萌えます!

File 2018-01-22 13 47 25.jpg

この打ちっ放しの壁に、ネオンライトの妖しい色彩、そしてジンをメインにしているバー、ということで私が大好きな香港のPing Pong 129をちょっと思い出させるテイスト(こちらはこぢんまりしていますが)です!

ボタニカル系のジントニックを作ってもらいました!

File 2018-01-22 13 49 23.jpg

絵になりますねー

File 2018-01-22 13 48 40.jpg

加藤雅也似?などと呟く私たちをよそに、ジントニック完成!

File 2018-01-22 13 48 49.jpg

なぜか白黒ですが。高校の同級生のあめやと一緒です♪

File 2018-01-22 13 47 14.jpg

こちらのバーは、トロン君の頑張っているバーアワードバンコクで、昨年ベストカクテルバーに輝いています!

DSC09031.jpg

さあホッピングの最後はどこに行くのでしょう? お!トロン君がトゥクトゥクを止めました。

DSC09066.jpg

何を隠そう・・・・・・人生初のトゥクトゥク乗車体験(笑)バイク乗ってる人もヘルメットしてないし、ワイルドですね♪

DSC09067.jpg

今までの2軒とは打って変わって、こちらはマンダリン オリエンタルのバンブーバー!

シックでクラシックだけど、カジュアルでもある!

DSC09087.jpg

ジャズの生演奏も始まって・・・・・・大人ですね、いいですね。

DSC09084.jpg

香港のマンダリンにはお世話になっているけれども、バンコクでは初めて! 仲良しの人の親戚に旅先で会ったような不思議な気分です。

ここでは、昨年バーアワードで若手バーテンダー賞を取った女性バーテンダーのアンさんにカクテルを作ってもらいました。

DSC09073.jpg

こちらは彼女のオリジナルで、Bacardi LegacyベースのFlourish。

DSC09076.jpg

ほら! 彼女のトロフィーです。

DSC09069.jpg

こちらのバーマネージャーのジェイミーさんはバンコクの審査員で、「美也子は香港の審査員なんだよ」と紹介してもらいました。その道のプロと違って、私などは、まるっきりコンシューマー目線ですから、もったいない話というのか光栄過ぎました。

DSC09081.jpg

すっかり夜は更け・・・・・・。この辺りはお馴染みのホテルのバンコク版がずらりとあるエリア! それぞれ訪ねてみたい。

DSC09092.jpg

クリスマス前だったので、デコレーションが素敵。

DSC09098.jpg

香港と他のアジアの国々は、ビジネスや人の交流が盛んなので、香港の人脈を生かして、アジアにも目を向けられたらこれから面白いなーなどと考えるきっかけになりました。老後の楽しみにします(笑)。

★ただいま、バーアワードバンコク2018のトップ10が決まったところで、今回の3軒やバーテンダーさんもあちこち登場しています。

さあ、いよいよ次回は旅のお目当て、House on Sathornでのダイニング体験です!

 

甲斐美也子

香港在住11年目のジャーナリスト、編集者、コーディネーター。東京で女性誌編集者として勤務後、英国人と結婚し、ヨーロッパ、東京、そして香港へ。オープンで親切な人が多く、歩くだけで元気が出る、新旧東西が融合した香港が大好きに。雑誌、ウェブサイトなどで香港とマカオの情報を発信中のほか、個人ブログhk-tokidoki.comをまとめた電子書籍「香港ときどきマカオ Vol.1 香港在住ジャーナリストが出会った美味しいもの、素敵な人たち、そして日々のつれづれ」を出版。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。