Blog

  • HOME
  • BLOG
  • かぐわしきみなと通信
かぐわしきみなと通信

英国&ベトナム仕込みのフェイシャル・リフレクソロジー体験!

以前に英国に住んでいて、香港に自分が暮らすことになるとは思ってもいなかった頃にも、英国って、香港の長い関係もあれば、アロマセラピーやホメオパシーなどが盛んなお国柄もあって、風水とか漢方とか、意外なほどすんなり受け入れる土壌があるんだなーと実感したことがありました。

大好きな歴史あるホテル、マンダリン オリエンタル 香港の方から「英国人のスペシャリストによるフェイシャル・リフレクソロジーを期間限定でやっているから、試してみる?」と誘われた時、そんな過去の記憶も蘇り、本場・香港の老舗が認める英国人スペシャリスト!!ってとても興味を惹かれ、張り切って行って参りました。

そういえば随分このホテルのあちこちにお邪魔していたつもりだったけれども、スパはこの日が初めて!

スパのロビーも重厚感と落ち着きがあって、別世界。生姜茶をいただきながら、冷たいおしぼりで汗をぬぐうと、10月でもまだまだ暑い香港の、外の喧騒も熱気もすっかり消えていきます。

20151022-DSC02635.jpg

ふかふかのバスローブに着替えて、ラウンジで今日のスペシャリスト、アレックスさんと待ち合わせの間、すっきり爽やかなキュウリ水やヘーゼルナッツのクッキーなどをいただいて和んでいました。

2015-10-22 11.09.30.jpg

黒いシルクのチャイナ服に身を包んだアレックスさんが登場。とっても清らかで優しい存在感! 心身ともにきれいにデトックスされているオーラが漂っています! 風水や漢方に関わる方はやっぱりこうでないと♪ ギラギラしていると、何だかインチキ臭く感じちゃいますよね!(たまに、そういう人もいるんですよ)

2015-10-22 11.26.38.jpg

ここで問診を兼ねていろいろと説明をしていただきました。英国の大学で東洋医学を学んだ後、ベトナムのクリニックで修業されたそうです。ベトナムには、香港とはまた違うテクニックがあるのだとか。「顔というのは、脳に近いし、感情がすべて凝縮して現れる場所ですから、大切なツボが密集しているし、全身の体調と密接に関わっているんですよ」と説明していただき、納得。確かにそうですね!!

これが見せていただいた顔ツボ図!!「ディエン・チャン」というのは、90歳を超えるベトナムの有名なマスターの名前で、アレックスさんは彼のクリニックでも修業されているのです。

2015-10-22 11.15.43.jpg

決して「顔のどこをリフトアップしたい?」とかそういう直接的なことではなく、あくまで体全体を考えたトータルな質問が続きます。数日前から首の筋を違えたのか、痛みがなかなか引かなかったこと、あとは顔の右半分がいつも明らかに左半分より疲れていて(=老けていて)、特に疲れた時はこちらだけ法令線もぐっと濃くなるんですよと言うと「それは面白い、右半分というのはストレスなどが出やすい側なんですよ」。

などなどしっかりお話をさせていただきました。

ちなみに「どんな施術をするのですか」とうかがうと、「手と指の他に、いろいろなツールも使います」とこれを見せてくれました。ちょっと恐ろしげですが(笑)「見た目こんなだけど、全然怖いものじゃないから」とアレックスさん。

2015-10-22 11.26.55.jpg

さてさて、いざトリートメントが始まりました。フェイシャルとはいうものの、背中や足などもずいぶん丁寧にいろいろやってくれています。途中から顔に移ってから、あの熊手みたいなツールで生え際のあたりを優しくなでたりしていて、主に手と指で、とても細か~く丁寧に顔のツボを刺激されているのがよく分かります。

頑固な首の痛みもすっかり消えています。そしてトリートメント終盤に驚いたのが、アレックスさんの素手が顔に触れた時、ものすごく熱くなっていたんですよ!! 後でそのことをスパディレクターのカレンさんにお話したら、「ものすごい気が集中していたのよ」とのこと。いやーありがたき幸せ。

とにかくすっかり夢見心地でリラックス。最近忙しくてキリキリしていたので、貴重な安らぎです。

トリートメント後にアレックスさんに「どうでしたか」と聞くと、「火と水のバランスが崩れているね。仕事でものすごく食べるって言ってたけど、火は胃の働きと関わっているから、君の胃はたくさんのものを消化するために、過剰に働かされている状態なので、もっと水を飲んで安らいで、バランスを取った方がいいよ」と優しくアドバイス。それなのにその日の夜は、ワイン&ダインフェスティバルのオープニングで、さんざん違う水でバランスを取ってしまいました、ごめんなさい(こっそり懺悔)。

アレックスさんのトリートメントは11月1日までだそうです! 気になる方、ぜひお試しを!!

そして嬉しかったのが、「この後、サウナとかいろいろ入っても大丈夫?」と聞いたら「ぜひどうぞ、ますます効果が出るからお勧めですよ」と言ってくれたこと。すごくいいヒートファシリティーがあるスパでも、だいたい到着が予約時間のぎりぎりになってしまって、アロマオイルなどを使ったマッサージだと、施術後にはヒートファシリティーは使わない方がいいよ(もったいないし)ということになり、結局指をくわえつつ、そのまま帰ることが多いんですよね。

ということで、この日は満喫いたしました。あまり写真は撮れませんが、この施設は素晴らしい! 足湯風になっていて、左側は温かく、右側は冷水が入っています。石が敷かれているので歩くだけで足裏が気持ちいいのに加えて、好みでジャグジー風に水を動かすことも出来ました。そして冷水はものすごい冷たさ。ここにも、ミストサウナにも素晴らしいアロマが漂っていて、ますます夢心地。何だかすっかり心身ともにデトックス。

2015-10-22 12.27.09.jpg

陶磁器フェチな私には、こういうものがとても目の保養。トリートメント室のシンク。

2015-10-22 11.15.55-1.jpg

こんなデザインもありました。素敵!!!

2015-10-22 13.04.26.jpg

美術館にいるような気分で館内を歩けるので、これもとっても心のリラックス&デトックスになりますね。

2015-10-22 13.17.27.jpg

ホテルロビーもこの立派さ。

2015-10-22 13.22.00.jpg

この古さと本物感が何よりの魅力です。世の中みんなモダンになってしまったらつまらない!!

2015-10-22 13.20.45.jpg

本日も火と水のバランスを取りながら、健やかに過ごせるようにしましょう~♪

甲斐美也子

2006年より香港在住のジャーナリスト、編集者、コーディネーター。東京で女性誌編集者として勤務後、英国人と結婚し、ヨーロッパ、東京、そして香港へ。オープンで親切な人が多く、歩くだけで元気が出る、新旧東西が融合した香港が大好きに。雑誌、ウェブサイトなどで香港とマカオの情報を発信中のほか、個人ブログhk-tokidoki.comも好評。大人のための私的香港ガイドとなる書籍『週末香港大人手帖』(講談社刊)が発売中。

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。