Blog

  • HOME
  • BLOG
  • 近所のいい店、教えます。
近所のいい店、教えます。

ここは自由が丘の沖縄です。

ある日、二子玉川の蔦屋家電で目に止まったもの――それはやちむん(沖縄の陶器)のうつわでした。ずらりと並んだあの独特の絵付けや色合いに、ふらふらと引き寄せられてひとつ、お家へ連れ帰りました。

味のある◯で描かれた線が、お皿の縁で円形に連なる少し大きめのお皿は、アカマシバル製陶所というやちむん工房のものでした。この柄がとても気に入っていたので調べてみると、それは「和つなぎ」というシリーズで、そこには“和を以て貴しとなす”と書かれていました。

お会計の際に、自由が丘にお店があるんですよ、と教えてくださり、ちょうど友人の誕生日が近かったこともあり、後日お店へプレゼントを買いに出かけたのです。それが、「ニライカナイ自由が丘」との出合いでした。

190621_1_IMG_0419.jpg

木や植物が心地よいエントランス。

自由が丘駅からイデー方面へ向かい、さらにその奥、ブリキのジョーロへと向かう途中にお店はあります。こぢんまりとした店内には陶器やガラスのうつわが並び、雑貨も少しあります。

190621_2_IMG_0396.jpg

アカマシバル製陶所陶眞窯育陶園幸陶器工房くばやー、ノモ陶器製作所など、たくさんの窯元さんのうつわがずらりと棚に並びます。

190621_3_IMG_0392.jpg

ニュアンスのある風合いが美しいこちらは、琉球ガラス工房glass32のもの。具志堅充さんが作るガラス作品はすべて廃ビンをリサイクルしています。ワイングラス¥3,456、小鉢¥2,138

190621_4_IMG_0409.jpg

こちらもglass32のグラス。カラフルにガラスのかけらが彩られた愛らしいデザイン。スパークリンググラス¥2,138

私はこのガラスのうつわたちに一目で惹かれ、自分用にワイングラスを購入。そして友人にはこのスパークリンググラスをプレゼントしました。季節は夏だったので、唐揚げ好きな友人に、このグラスでビールを飲んでほしくて。

Glass32は具志堅充さんの工房。このスパークリンググラスを彩るカラフルなかけらは、色のついたコップを作る時に出るかけらを奥様が選別し、後で職人さんがグラスに付けて製作しているそうです。ひとつの作品が作られる過程のお話は楽しく、あたたかな気持ちになります。

190621_5_IMG_0406.jpg

アカマシバル製陶所は、どこか土器のような風合いが好きで、こちらの土鍋も可愛い。そして大きめのどんぶりもかっこいいです。土鍋¥27,000、どんぶり¥3,564

190621_6_IMG_0405.jpg

こちらもアカマシバル製陶所の角皿。絵の具でさっとキャンバスに描いたような、絵画的な印象。和つなぎの柄もありますね。角皿4寸¥1,782

私の好きなアカマシバル製陶所の作品も入荷したばかりでした。土鍋のころんとしたデザインや、民族的な絵付けがなんて可愛い……。どんぶりは薄手でとても軽い。こう見えてちゃんと釉薬がかけられているので、汚れも滲みにくいそうです。土器のようなざらっとした質感が好きで、また好みのタイプ……。即決で、白いどんぶりと黄色の角皿を購入してしまいました。どちらも新作のシリーズ「木隠れ」です。

ほかにもたくさんの窯元さんのうつわがあります。

190621_7_IMG_0400.jpg

老舗製陶所の育陶園は、約300年もの歴史があるそうです。下絵なしで模様を彫っていく、熟練の技の賜物です。こちらは唐草模様のシリーズ。

190621_8_IMG_0420.jpg

洋食器風にも使える、ブルーが美しいこちらは、ゆいまーる沖縄の「ニーフェ」というブランド。沖縄の言葉で「ありがとう」を意味する「にふぇーでーびる」から、人、自然、モノに対する感謝をカタチにしたそうです。鮮やかなコバルトブルーの唐草模様は眞正陶房によるものです。

190621_9_IMG_0402.jpg

ハッとするサンゴブルーや、ピンクやグリーンの淡い色付けが愛らしい金城有美子さんの作品も。金城さんが仲間と開いたお店はこちら。tituti OKINAWAN CRAFT 

190621_10_IMG_0424.jpg

ほっこり和む絵付けのこちらは、母娘による陶芸ユニット「土の種」。

190621_11_IMG_0427.jpg

スープボウルなのですが、大きめサイズでぽてっとして可愛らしく、これでカフェオレを飲みたい、と個人的に強く思ったうつわ。勝窯のうつわはエネルギッシュな柄のものが多いそうです。こちらのスープボウルは¥4,644。

190621_12_IMG_0417.jpg

雑貨もあります。これは「やみかご」といって、タコの木を泥染めにしたもの。戦後の闇市でお買い物バッグとして使っていたり、ものを売る時にこれに入れて売っていたりしたそうです。竹富島の富本衛さんが作っています。やみかご¥10,800

ニライカナイ自由が丘は、「移住雑貨®」と謳っています。それは、“その土地に移住したような気分が味わえる、地域の味わいと魅力が詰まった雑貨”を意味する、お店の造語。沖縄の空気を届けてくれる、そんなあったかさと豊かさが心地よい空間です。スタッフが年に数回買い付けに行き、いろんな工房にご挨拶しながら縁を広げているそうです。そんな素敵なご縁が、ここ自由が丘へ沖縄の風を届けてくれる。近くへ訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてください。編集MIでした。

ニライカナイ自由が丘
東京都目黒区自由が丘3-6-10
0120-261-571(フリーダイヤル)
営)11時〜19時
休)火
www.nirai-kanai.shop

ARCHIVE

MONTHLY

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。