ジェニファー・アニストン、元夫ブラピの食事の誘いにNO!

Culture 2016.12.07

01-covermedia4-161207.jpg

女優のジェニファー・アニストンが先日、ロンドン市内を訪れた際、同じくロンドン滞在中だった元夫ブラッド・ピットのディナーの誘いを断ったと報じられた。

ブラッドは、第二次世界大戦を舞台とする新作映画『マリアンヌ』のプロモーションで、ロンドンを訪問。アンジェリーナ・ジョリーとの離婚が報じられて以来、公式の場に登場するのは久々だった。
ジェニファーも1マイル離れたところにある英BBCで、新作映画『Office Christmas Party(原題)』のプロモーション活動中だった。英『Heat』誌によると、ブラッドがジェニファーとの再会を望んでいた一方で、幸せな結婚生活を送っている彼女は慎重だったという。
「ブラッドがジェン(ジェニファー)に電話して、短い話をしていたよ。でもジャスティン・セローとうまくいっているジェンは、ブラッドを応援する気持ちはあっても会う時間は作れないと伝えていたね」と、ある事情通は『Heat』に語っている。

ブラッドは、現在では疑いは晴れたものの、プライベートジェット機内における養子マドックスへの虐待容疑でロサンゼルス郡児童相談所(DCFS)の調査の対象となるなど、辛い時期が依然続いている。ジェニファーも元夫の騒動に引きずり込まれ、離婚が報じられるとジェニファーの名前がTwitterで話題の急上昇ワードとなった。
ブラッドはジェニファーにメールで詫びを入れたとされるが、今回たまたま同じ街にいるなら友好的な面会をしたいと考えたようだ。しかし、ジェニファーは元夫とディナーをともにするリスクを冒したくなかったようだ。
「幸せな結婚生活を送っているし、ブラッドと会うことはジャスティンに対する侮辱になる。彼女は何が大切なのかを分かっているよ。それは自分自身の結婚なんだ」と、同事情通は付け加えた。

ブラッドはアンジーが9月に離婚を申請すると、6人の子どもたちの共同親権を申請。平和的な進展を望んでいるが、複数のメディアによると、ブラッドはアンジーに感謝祭に招待されなかったため、カリブ海のタークス・カイコス諸島にあるリゾート施設、アマンヤラで友人と過ごしたという。

©Cover Media/amanaimages

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories