100余点の作品で、奈良美智の歩みを辿る展覧会。

Culture 2017.08.04

人生の出合いと記憶とともに、日々代謝する作家の感性。

奈良美智『for better or worse』

01-art-170804.jpg

スタジオ風景。左:『Midnight Truth』、右:『Midnight Surprise』(部分) 2017年。創作の源泉となったさまざまなものも展示。

人生で出合った美術、文学、音楽、歴史、風景、人々の記憶とともに日々代謝していく感性を創作の源泉に、観る者の精神性の投影や瞑想を導く作品を発表してきた奈良美智。タイトル「どのような運命になろうとも」というキリスト教圏での誓いの言葉のもとに、彼自身の画業に向ける覚悟を表明する区切りの展覧会となる。

奈良美智
『for better or worse』

会期:開催中~9/24
豊田市美術館(愛知・豊田)
営)10時~17時30分
休)月(8/14、9/18は開館)
一般¥1,500

●問い合わせ先:
tel:0565-34-6610
www.museum.toyota.aichi.jp

*「フィガロジャポン」2017年9月号より抜粋

réalisation : CHIE SUMIYOSHI

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories