フレンチ・デザインの傑作20点を集めた展覧会が東京へ!

Culture 2019.03.14

フランスのデザイナーとメーカーのアイデンティティをグローバルに共有することを目的とした、VIA(フランス創作家具振興会)のプログラム「フレンチ・デザイン」が、VIAの40年間にわたるインテリアデザインへの貢献と支援を記念して開催する世界巡回展「NO TASTE FOR BAD TASTE スタルク、ブルレック…」を、3月15日(金)より、六本木の21_21 DESIGN SIGHTにて開催。

190306-main.jpg

2017年よりミラノ、マイアミ、ニューヨーク、ブエノスアイレスなどを巡回し、東京がアジア初の開催地となる本展では、フレンチ・デザインのエレガンスを凝縮し、訪れた人々に楽しんでもらうとともに、フランスのデザインシーンがアートと産業をどのように融合させているのかを発信する。展示されるのは、フランスの文化界、デザイン産業界において国際的に活躍する40名の著名なクリエイターが集結したシンクタンクのメンバーが選び抜いたフレンチ・デザインの逸品。バランス、大胆さ、開放性、そして品格といった価値観を共有するフランスのデザイナー、メーカー、職人による”アール・ド・ヴィーヴル”(日常に息づく芸術)を、ぜひこの機会に堪能して。

また、3月23日(土)には、スペシャルトーク「フレンチ・デザインとの出会い」と題した入場無料のイベントも開催。詳細は、下記の予約先リンクで確認を。

世界巡回展
フレンチデザイン展
NO TASTE FOR BAD TASTE スタルク、ブルレック…


会期:2019年3月15日(金)~3月31日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー(東京都港区赤坂9-7-6  東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内)
開)10時~19時
休 ) 火
入場無料

tel:03-3475-2121
2121designsight.jp

スペシャルトーク「フレンチ・デザインとの出会い」
チケット予約 https://lefrenchdesign.peatix.com/

texte:NATSUKO KADOKURA

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories