オーランド・ブルーム、自宅に愛犬の骨をディスプレイ!

Culture 2019.09.06

01-celebrity-news-190906.jpg

オーランド・ブルームが仰天告白をした。

Amazonプライムビデオで配信中のファンタジードラマシリーズ「カーニバル・ロウ」でプロモーション中のオーリーが、ハワード・スターンがパーソナリティを務めるニューヨークの人気ラジオ番組に出演。インタビューに応じたが、意外な私生活を明らかにした。

なんでもオーリーは、死んだ愛犬の骨を自宅に飾っているという。

「(死んだときは)12歳半だった。僕はいつだってそう泣いたりはしない主義だけど、あいつがもうここにいないという事実には我慢ならなかった」

オーリーは、犬の身体から全てを抜き取り、骨だけを残す作業を専門業者に依頼したという。

「あいつはいま、走っている恰好でいるよ。僕にとってはお気に入りのポーズなんだ。ガラスの箱に入れて、自宅に飾っているんだ。座れるような箱だけど、イスじゃなくて、あいつがそこにいてくれている。まるで外で走っているみたいなんだ。それを見ていると、あいつを思い出して、幸せな気分になるんだ」

オーリーは付け加える。「アート作品みたいだよ」

悪趣味なのかアートなのか。このセンスについていけるケイティもまた、ぶっ飛んでいる。

 【関連記事】
ミランダ・カー、ローンチイベントにケイティ・ペリーを招待!

photo: PA Images/AFLO, texte: ERI ARIMOTO

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories