フィガロジャポンで人生相談がスタート! "伝説の編集長"への質問を募集中。

Culture 2021.04.02

フィガロジャポン7月号(5/20発売)より、人生相談の新連載「たゆたえども沈まず 島地勝彦人生相談」が始まる。読者からの相談に答えるのは、エッセイスト&バーマンの島地勝彦氏。かつて『週刊プレイボーイ』の発行部数を100万部に押し上げた伝説の編集長にして、現在は西麻布で「オーセンティックバー サロン・ド・シマジ」のオーナーとしてバーカウンターに立つ“怪物”だ。

shimaji01.jpg

島地勝彦(シマジ・カツヒコ)●1941年生まれ。大学卒業後、『週刊プレイボーイ』編集者として直木賞作家の柴田錬三郎、今東光の人生相談の担当者に。82年に同誌編集長に就任、開高健など人気作家の人生相談を実現。以降も多くの雑誌編集長を歴任し、2008年からフリーエッセイスト&バーマンとして活躍。現在は西麻布『Authentic Bar Salon de Shimaji』でバーカウンターに立ち、ファンを迎えている。著書に『乗り移り人生相談 柴田錬三郎・今東光・開高健降臨!』(講談社)『バーカウンターは人生の勉強机である』『そして怪物たちは旅立った』(ともにCCCメディアハウス)など多数。

毎晩、バーに訪れる客の悩みを、時に優しく、時に厳しく、そして常にユーモアを交えて解決する島地氏。もしあなたに仕事、プライベート、恋愛、家庭事情で、友人や家族にも話せない悩み事があるなら、この百戦錬磨のエッセイスト&バーマンにぶつけてみよう。きっとあなたの抱えた難問を、変幻自在な島地氏がときほぐしてくれるはず。

『たゆたえども沈まず 島地勝彦人生相談』応募はこちらから。

【注意事項】
●ご応募は日本国内在住の成人の方に限らせていただきます。
●ご応募いただいた際は、当サイトの定める個人情報保護方針に同意いただいたものといたします。
●送信完了した応募内容の変更はできません。
●いただいたご相談は厳重な管理の下、相談者のプライバシーに十分配慮して取り扱います。
●ご相談は、編集部で内容確認のうえ、採用させていただくことになれば、島地氏に送らせていただきます。
●採用となったご相談は、雑誌「フィガロジャポン」掲載時に内容に相違のない範囲で編集部にて文章を整える場合があります。また、個人名や団体名、その他プライバシーに配慮し、名称などを伏せて掲載する可能性があります。 
●採用となったご相談は、雑誌以外にフィガロジャポンのオンライン、公式LINEニュース、アンテナ、Yahooニュース、Yahooトリルなどにも掲載されます。
問い合わせ先:
CCCメディアハウス フィガロ編集部

https://www.cccmh.jp/form/pub/cccmh/index

photo:TAKUJI ONDA

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories