ダイアナ妃生誕60周年 ウィリアム&ハリー王子、ダイアナ妃像除幕式で再会。

Culture 2021.07.02

対立が続いているとうわさされるハリー王子ウィリアム王子だが、7月1日、60歳の誕生日を迎えるはずだったダイアナ妃の銅像の除幕式を、兄弟そろって執り行なった。ふたりは大きな笑顔と仲の良いまなざしを交わし、結束を見せた。

【写真】写真で見る、ふたりの兄弟によるダイアナ妃像除幕式。

9les-retrouvailles-chaleureuses-des-princes-harry-et-william-lors-de-l039inauguration-de-la-statue-de-lady-diana-photo-12.jpeg


ケンジントン宮の庭で、ダイアナ妃の像の除幕式を行なったウィリアムとハリー王子。(ロンドン、2021年7月1日) photo : Abaca

ふたりが会うのは、去る4月17日にウィンザー城で行われたフィリップ王配の葬儀以来。ハリー王子とウィリアム王子は、故ダイアナ妃が60歳の誕生日を迎えるはずだった7月1日、そろって銅像の除幕式に臨んだ。

2020年の「メグジット」宣言以来、ふたりの緊張関係のうわさは続いているが、笑い合い、仲睦まじいまなざしを交わし、結束の様子を見せた兄弟。ケンブリッジ公爵とサセックス公爵は、亡き母の銅像を覆っていたグリーンの布を一緒に除幕。ケンジントン宮のサンケン・ガーデンに据えられた彫刻の前で一緒にポーズをとった。

 

 

---fadeinpager---

「母の愛情を再び思い起こす」

ウィリアム王子は、自分のインスタグラムにこの再会の写真を投稿、次のようなキャプションを寄せた。「今日、母の60歳の誕生日に、私たちは彼女の愛と力、人柄を思い起こしています。彼女は、その資質で、世界をより良くするために尽くし、たくさんの人の人生を変えたのです。毎日、私たちは母がそばにいてくれたらと思います。また、この像が永遠に、彼女の人生とその遺産のシンボルになることを願います」

ウィリアム王子は彫刻家イアン・ランク=ボラッドリーと庭師のピップ・モリソンの仕事に礼を述べた。ハリー王子のほうはダイアナ妃の姉と弟にあたる、レディ・ジェーン・フェローズやチャールズ・スペンサーに挨拶した。
 

text : Chloé Friedmann 1 (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories