『プラダを着た悪魔』のキャストがチャリティで再集結!

Culture 2021.07.21

celebrity-news-01-210721.jpg

2006年に制作されて、今年映画化15周年を迎える『プラダを着た悪魔』が、チャリティイベントを企画。連動して、メインキャストであるメリル・ストリープアン・ハサウェイエミリー・ブラントスタンリー・トゥッチが再会を果たすことになる。

とはいっても、実際に4人が同じ場に揃うというわけではない。オークション制の当チャリティイベントで、最終入札者がキャスト4人とZOOMでチャットが楽しめる権利を得られるという。その通話時間は10分! オンラインミーティングとはいえ滅多にない機会だから、ファンなら見逃すわけにはいかない⁉

入札は、セレブとコンタクトをとる権利などさまざまなチャリティオークションを運営するチャリティ・バズですでに受け付けており、8月3日に終了する。現在8,500ドル(約93万円)で入札は止まっているが、果たしてどこまで高騰することになるか。気になる人は、夏の思い出作りに試してみる⁉

photography: Reuters/AFLO, text: Eriko Kiryuin

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories