リリー・コリンズのロマンティックなハネムーン。

Culture 2021.10.18

コロラドの森の中で結婚式を挙げた後、「エミリー、パリへ行く」シリーズ主演女優のリリー・コリンズと監督のチャーリー・マクダウェルは、9月末にスカンジナビアに飛び、100%自然に囲まれたハネムーンを楽しんだ。

 

 

リリー・コリンズとチャーリー・マクダウェルは、9月4日にコロラド州ダントンで行われたプライベートな挙式で愛を誓い合った。その後、ふたりはハネムーンで北欧に飛び、山岳やどこまでも続く緑の風景を楽しんだ。「エミリー、パリへ行く」の主演女優らしく、夫との滞在中に撮影した一連の写真を自身のインスタグラムで公開した。

ある投稿は、小川に架かる木の橋に座っているリリー・コリンズとチャーリー・マクダウェルの2ショットから始まる。優しいキスを交わすふたり、森の中のキャビン、温泉、カヌー、ハイキング、水に浮かぶ家などの写真が続き、豪華な写真集ができあがった。

32歳の女優は、魔法のようなひとときを写真に収め、インスタグラムでシェアし、次のようなキャプションを添えた。「スカンジナビアでの私たちのハネムーンは終わったかもしれないけど、冒険は決して終わらない」

---fadeinpager---

「思い出に残る」旅

 

 

また、松と湖に囲まれた場所で、毛糸の帽子をかぶり、ダウンジャケットを着て、肩をすぼめる姿も。「ふたりの生活を正式にスタートするにあたり、これ以上に記憶に残る魔法のような旅は考えられない。一緒に飛行機に乗ったり、車で旅したい人は他にはいない」とリリーは熱いメッセージを残している。

幸運な新郎、チャーリー・マクダウェルも、自身のインスタグラムで、ロマンチックな旅の写真を数枚公開し、次のように書き込んだ。「愛してるよ、スカンジナビア。一生に一度の新婚旅行と冒険をありがとう。また会おう」

text : Alice Mascher (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories