エル・ファニングの胸元をセクシーに飾った特大ネックレス。

Culture 2021.11.25

11月15日、ロサンゼルスで開催された第6回InStyle Awardsのレッドカーペットにエル・ファニングが登場。体操のメダリスト、シモーネ・バイルズや女優のルーシー・ヘイルと並び、彼女のトップスにも注目が集まった。

211123-elle-fanning-01.jpg

2021年InStyle Awardsのレッドカーペットでバルマンを纏ったエル・ファニング。(ロサンゼルス、2021年11月15日) photo : Getty Images

グラマラスで完璧なルックで、レトロ気分のスタイルを確立したエル・ファニング。11月15日、カリフォルニアで開かれた第6回InStyle Awardsのレッドカーペットで、彼女は新たな一歩を踏み出した。昨年は新型コロナの影響で開催されなかったこのイベントで、今年こそ印象を残したいと考えたようだ。

23歳のエル・ファニングがチョイスしたのは、フランスのハイブランド、バルマンのトップス。ダイヤモンドのようなストーンをあしらった巨大なゴールドのトップスは、ネックレスにもなる。トップスのオリジナリティを引き立てるために、ボトムはシンプルな黒のロングスカート。ゴールドのリングをはめた指には赤いマニキュア、口元には真っ赤な口紅を塗った。ヘアスタイルは、長いブロンドのストレートヘアを後ろになでつけたシンプルなスタイルだ。

---fadeinpager---

ポップカルチャー

211123-elle-fanning-02.jpg

第6回InStyle Awardsで、ストーンをあしらった巨大なゴールドのトップスをチョイスしたエル・ファニング。(ロサンゼルス、2021年11月15日) photo : Getty Images

エル・ファニング同様、他のセレブたちもカリフォルニアのレッドカーペットで輝いていた。体操選手のシモーネ・バイルスは、サイドスリットが入ったアリエットのグレーのロングドレスで登場し、女優のルーシー・ヘイルは、ドルチェ・ガッバーナの太陽のようなイエローのドレスとアニータ・コーのジュエリーを身につけた。

ファッション、ビューティ、ポップカルチャーのアイコンと才能をたたえるイベントに、トレンドの装いが勢ぞろいした。

text : Blanche Marcel (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories