クリステン・スチュワート「ダイアナ妃を知れば知るほど、守ってあげたいと感じた」

Culture 2021.12.06

From Newsweek Japan

文/H・アラン・スコット

2022年で没後25周年になるダイアナ元英妃を、クリステン・スチュワートはどんな思いで演じたか。

211202-newsweek-02.jpg

ダイアナを知れば知るほど称賛したくなったとスチュワートは言う DANIELE VENTURELLIーWIREIMAGE/GETTY IMAGES

誰からも愛された実在の人物を演じるのは、どんな俳優にも骨の折れることだ。

しかし、クリステン・スチュワートはパブロ・ラライン監督から伝記映画『スペンサー』(全米公開中)で故ダイアナ元英妃の役を打診されたとき、すぐさま引き受けた。

「監督から話が来たときは、どんなプロジェクトかも知らなかったけれど、すぐに『やります』と答えた」ものの、「ちょっと無謀かな」という不安もあった。しかし、そんな無謀さこそ監督の抱くダイアナ像には不可欠だった。そしてクリステンも、監督の強い決意に何かしら感じるものがあった。「あの人には何か止められないものがある」

『スペンサー』は、ダイアナがチャールズ皇太子との離婚を決意した1991年のクリスマス休暇の3日間を描く。「ダイアナは頑張っていた。自身の理想の実現に向けて突き進んでいた」。役を引き受けてからダイアナについて調べるうちに、クリステンは彼女と一体化した。「演じるのはとても楽しかった。本当はつらい日々だったのだけれど」。来年で没後25周年となるダイアナになり切った気分を、ニューズウィーク誌のH・アラン・スコットが聞いた。

211202-newsweek-03.jpg

photo: TIM GRAHAM PHOTO LIBRARY/GETTY IMAGES

――誰もが知る人を演じることにためらいは?

6カ月間は恐怖で目が覚めた。撮影開始の直前まで、始まるのが怖かった。それで体がおかしくなった。

――ダイアナは平静を装いながらも、もろい精神状態にあった。その微妙なバランスを、どう表現した?

拍子抜けするほど飾らず、それでも美しく、優しく見える時でさえ、誰もが彼女のそばにいてあげたいと思う。ダイアナは繊細で、ちょっと突っつけば破裂しそうな心の持ち主。どうにも予測不能で、危険を感じさせるほど。彼女の精神状態を思うと、守ってあげたいと強く感じた。

――演じる上でいちばん大変だった点は?

ダイアナの死を考えないようにしていた。私の中では彼女は生きていて、週に3、4回は悲しみに暮れるから。ひどい交通事故で亡くなったなんて、信じられない。

――アカデミー賞狙いと言われるのは不愉快?

全然。大きな話題になるのはありがたいこと。私はダイアナを愛し、(監督の)パブロを誇りに思っている。作品を通じて素晴らしい時間を共有できたとも思う。

a552ff5a437c174d0b34e372c930c177d2b286c4.jpg

text: H,Alan Scott(Newsweek)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories