山羊座の空模様-石井ゆかりの星占い「2022年の年報」

Culture 2022.01.01

2022年 山羊座の空模様

山羊座の2022年は
「すぐには儲からないことをする時間」
となりそうです。
経済的な上昇を期待した人は
ちょっとガッカリされるかもしれません。
2021年に蒔いた経済活動の種は、
2022年に芽を出し、
そのまま着実に育てていけます。
すぐに実を結ばなくても、少し先に、
大豊作の時間が待っているはずですので
そこは、ロングスパンで捉えて、
コツコツ進むのが良さそうです。

「すぐには儲からないこと」
とは何かと言えば、
勉強すること
家族と過ごすこと
身近な人を大事にすること
掃除すること
練習すること
訓練すること
実力をつけること
人の面倒を見ること
人を育てること
エクササイズを始めること
健康に気をつかうこと
場を作ること
世界観を作ること
等々です。
どれも、すぐには儲かりません。
取材されたり表彰されたりと、
目立つようなことでもありません。
でも、どれも、
とても大事なことです。
これらがないと、時が来ても
「羽ばたけない」のです。

2022年はちょっとジミで、
つまらないかも
と思われたでしょうか。
でも、私はそうでもないと思います。
しばしば、大成功を収めた人を、
周囲の人が
「あの人は、
とても変わった人だから」
と評することがあります。
「変わった人」とはすなわち、
「自分を確かに持っている人」
「周囲と違っている自分を、
持ち続けられる人」
ということだと思います。
「変わった人」は、いきなり
「変わった人」になるのかというと
そうでもないと思います。
自分なりの世界観を持ち、
個性を体現した生き方を作るには
それなりのプロセスがあるはずです。
後に貴方が大成功を遂げた時
「あの人は変わった人だから」
「あの人は自分というものを
ちゃんと持っている人だから」
と言われるとしたら、
その「変わった」部分は、
2022年に培われたものに
多くを負うのかもしれません。

2022年は、
実力が身につく年であり、
実力を発揮できる年です。
身近な人と心の結びつきを育て、
居場所を豊かに育てる年です。
「これが自分の土台だ」
と思えるものを作れるのが、
山羊座の2022年です。
その場所へと移動する人もいれば、
すでにある場所に
「城」を作りつつある人もいるでしょう。
そこにはたくさんの人が集まってきて、
貴方に確かな役割を授け、
貴方のまわりには、ごく自然に
助け合いの仕組みができていくはずです。

---fadeinpager---

[愛について]

2021年11月から2022年3月頭、
貴方の世界には
愛の星・金星が長期滞在し、
欲望の星・冥王星と絡み合っています。
貴方の愛がマグマのように
噴火しようとしているのです。
すでに噴火した
という人もいれば、
そろそろドカンといきそう
という人もいるでしょう。
3月頭まで、山羊座の人々は
底の深い、ナカミの濃い、
素晴らしい愛を生きることになります。
自分の心の中に、
こんなに熱く濃いものがあったのか!
という驚きを、
多くの人が感じるはずです。

そもそも2019年から
貴方の愛の世界には
「意外性」が刻みこまれています。
意外な相手に惹かれたり、
突然恋に落ちたり、
予想外の展開になったりと、
びっくりすることが多いはずなのです。
長年のカップルでも、
パートナーが突然おもしろいことを始めたり、
人生の岐路に立ったり、
パートナーの影響で
自分自身も大きく変わったりと、
「こんなことが起こるのか!」
と驚いた経験はないでしょうか。
この流れはまだまだ、
2026年頃まで続いていきます。

2022年はそれに輪をかけて、愛に
「意外なこと」
が起こりやすい年となっています。
この「意外性」は、
主に「縁」に関するものです。
不思議な縁、意外な縁、
神秘的な縁、唐突な縁。
縁から縁を伝って愛を見つける人もいれば、
愛によって縁を得る、
という人もいるかもしれません。
人と愛し合うことは、
それ自体、とても不思議な、
奇跡的な現象です。
さらに、相手の周りに拡がる
「もうひとつの世界」に、
自分も招き入れられることで、
生きる世界が一気に何倍にも膨らむ、
非常に特殊な事態と言えます。
山羊座の2022年は、
そうした愛の
「合縁奇縁」性が、
本領発揮する年と言えるのです。

「慣れたこと」「知っていること」
「すでに広く受け入れられていること」
に拘りがちな山羊座の人々ですが、
2022年、とりわけ愛の世界では
それらに拘泥しないことで、
愛のポテンシャルを引き出しやすくなります。
愛の世界では何でもアリ
という方針でゆくと、
チャンスを見逃しにくいはずです。

愛に特に強い追い風が吹くのは、
前述のとおり年明けから3月頭、
5月末から8月半ば、
12月中旬から2023年1月頭です。

---fadeinpager---

[時期について]

1月から3月頭は、てんてこ舞いの忙しさになりそう。
星々が山羊座に集まり、「これでもか!」と、新しいことをスタートさせるモードに。
エネルギッシュに動ける。
とはいえ、1月半ばから2月頭は、少しペースダウンする。
先を急がず、振り返りつつ、時には回り道しながら進むと、取りこぼしがなさそう。

3月から4月半ばは経済活動が一気に活性化する。
欲しいものが手に入る。2021年に育てた果樹から収穫するような作業も。
収入が増える人、大きな買い物をする人もいそう。

4月から5月にかけて、精力的に学べる。
コミュニケーションが盛り上がり、対話の輪が拡がる。
発信活動をしている人は、新境地を切り拓けるかも。
外出する機会が増える。旅をする人も。

5月から2023年5月、「居場所を作る」時間となる。
引っ越しや家族構成の変化など、大きな動きがありそう。
すでに年の前半に移動を終え、ここから家庭を作っていく、という人も。
居場所が豊かに、美しくなる時期。
特に5月末から7月頭は、動きが多くなる。家にじっとしている暇がないほど外出する人も。

7月から8月中旬は、好きなことに打ち込める、とても楽しい時期。
新しいアイデアを試せる。自分の力を試す場に恵まれる。

8月末から2023年3月は、熱い多忙期に。やるべきことが多い。
自分に合わないライフスタイルや就業状態を強いられている人は、根本的にそれを改善できる時。生活の改革、転職、周囲との役割分担の変更などを試みることができる。
特に、就労条件を変えるための転職は、成功しやすいかも。この時期は引っ越しも込みで検討できそう。

8月から10月前半にかけて、なつかしい場所を再訪することになるかも。
遠くからなつかしい人が訪ねて来てくれる気配も。
かつて学んだことをもう一度学び直す機会に恵まれる。恩師との再会。

10月末から12月中旬は、年明けから5月頃に取り組んだことの「続き」のプロセスに。
コミュニケーションが盛り上がり、知的活動に勢いが出る。
何らかの「仕上げ」をする段階。

12月はとても忙しくなる。家族や身近な人のためにやるべきことが多そう。
ケアをするか、逆に、ケアしてもらう場面も。
周りにいる人たちとの強い結びつきを実感できる、賑やかな年末になりそう。

---fadeinpager---

****

2022年のテーマのひとつに「救い」があります。

2022年の木星と海王星に示される山羊座の「救い」とは、どんなものでしょうか。
「救い」は「危難から逃れること」「希望や明るさを感じさせ、気持ちをホッとさせること」などを意味します。苦しみから逃れさせてもらえるのが「救い」ならば、山羊座の「苦しみ」とはなんでしょうか。

山羊座は「守る」星座です。それも「集団を守る」星座です。城塞を作り、外壁を強固にし、その内側にたくさんの人を守ろうとします。外敵から、自然災害から、冬の寒さや飢饉から、人々を確かに守ろうとするのです。そのために集団組織を作り、ルールを作り、しっかりと人々を管理しようとします。社会的な力を蓄えようとすること、ポジションを大切にすること、伝統を守ることも、山羊座のテーマです。これらはすべて「生き延びるため」です。世界は危険に満ちた場所であり、自分と自分の大切な人の人生を守るには、どんな力でも必要なのです。
であれば、山羊座の苦しみとは「守れない」ことかもしれません。集団が結束しなかったり、ルールが破られたり、城塞の中に自由に外部の人間が出入りしたりすることは、山羊座の世界観からすると、許しがたいことだろうと思います。

2022年、木星と海王星が並び立つ魚座は、山羊座から見て「移動、コミュニケーション、取り引き、知的活動」などを象徴する場所です。この場所の「ナチュラルサイン」と呼ばれる星座は双子座、水星の管轄です。水星はヘルメス、メッセンジャーの神様ですが、同時にドロボウの神様であり、スパイ的な存在でもあるのです。「城塞を守る」という山羊座的世界観に照らすと、この場所はなんともけしからんテーマを担っていることになります。なのにどうして「救い」たりえるのでしょうか。

城には門があり、窓があります。これらは固く守られていて、外敵を防いでいます。一方、外部から攻められて「籠城戦」になれば、城が落ちるのは時間の問題となります。補給路や情報をやり取りするゲートは、どうしても「開いておく」必要があるのです。守りを固めるには「誰も入れない」ことがいちばんですが、本当に「誰も、何も入れない」ようにすれば、城内の人々は飢え死にしてしまうのです。

外部に対して「守らなければ」と身構える時、人は閉じます。でも、閉じてしまうと、もうそこに救いの手は入り込めなくなります。山羊座の世界において、救いとなるのは外部から入り込んでくるもの、そして外部に送り出せるものたちなのかもしれません。2022年は少なくとも、そうしたやり取りが増えていきます。見慣れぬもの、見知らぬ人々が、貴方の世界に入り込んできますし、貴方もまた、未知のものたちがいる外の世界に、しばしば出て行くことになるはずです。「守る」ことが「閉ざす」こととイコールではない、という事実が、貴方を救うということなのかもしれません。2022年の貴方が外部とやり取りするのは、おそらく「心」です。貴方が人に見せるのを嫌うウェットな感情こそが、今、城のゲートを通って外に出ては、また帰ってくるのだろうと思います。人と人とがそうして強め合うという事実を、2022年は実感できる年になりそうです。

「2022年の年報」TOPに戻る

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories