双子座の空模様-石井ゆかりの星占い「2022年の年報」

Culture 2022.01.01

2022年 双子座の空模様

双子座の2022年は、
「勝負と挑戦」の年です。
まるで、
星々が貴方に声を揃えて
「アクション!」
と号令しているように見えます。
2022年を安穏と、
「何事もなく過ごす」
双子座の人は、おそらく、
かなり少ないはずです。
心が沸き立ち、
情熱を燃やし、
スリルを感じながら突き進む、
そんな時間を1年のどこかで
夢中で生きられるはずなのです。

2022年、社会的立場が
一段階も二段階も
「上にあがる」
ことになりそうです。
「先輩」と呼ばれたり、
リーダーとして人を指揮したり、
ある分野で「責任者」となったり、
子どもを導き育てたり、
介護することになったり。
これらのことはみな、
他者に対して責任を負うことです。
子育てや介護は家のことだから
社会とは関係ない
というのは、誤解です。
自分以外の誰かの命や生活に
「責任を負う」ということは
それだけで十分、
社会的な行為なのです。

社会的立場が上がれば
すぐに、人としての力も強まるか
というと、そうはいきません。
「偉くなれば自然に、
人としての器も大きくなる」
わけではないのです。
もちろん、生まれつき
「器の大きな人」
もいるでしょう。
ですがたいていは、
置かれた立場に見合うよう
必死になって、
自分で自分の器を拡大する
というのが、
一般的なのではないでしょうか。
「昔の自分は、
本当にちっぽけだったなあ」
「以前は視野が狭かったなあ」
と思えるようになるまでに
たくさんの経験と、
自分との闘いを
重ねていくことになるのです。

2022年、双子座の人は
平たく言えば
「今までより偉く」なります。
そこで、
「より大きな自分にならねば
この立場にふさわしくない」
という思いを抱く人も
少なくないだろうと思います。
2022年8月下旬から
「自分との闘い」
のプロセスに突入するのですが
ここでの「闘い」にはきっと、
「より大きな人間になる」
「器を大きくする」
というゴールが設定されています。

誰もが何かしら、
「弱さ」を抱えています。
格好つけてみたり、
人からよく見られようとしたり、
自慢したり、
褒められたいともがいたり、
人より優位に立ちたがったり、
人を操作しようとしたり、
人に依存しようとしたり、
あるいは、支配しようとしたり。
ズルをしたり、
言い訳したり、
人を攻撃したり、
誰かのせいにしたり、
ウソをついたり。
多くの人が、そうした
「自分の弱さ」に苦しみ、
傷ついてもいます。
もし、貴方が
自分の弱さに傷つき、
苦しんでいるならば、
2022年はそうした辛さから
抜け出すチャンスを掴めます。
社会的な階段を上がり
それにふさわしい自分になるべく
自分自身と闘って
自分の弱さの正体を突き止め、
「もうこんなことは、
しなくてもいいのだ」
という地平にたどり着けます。

2022年が終わるころ、貴方は
2021年の自分を思い出して、
「あの頃は、
本当に視野が狭かったなあ」
「あの時の自分と今の自分は
まったく違っているなあ」
と感じるかもしれません。
あるいは、
その場所にたどり着くのは
2023年3月ごろかもしれませんが、
「自分との闘いに勝利した自分」に
2023年、きっと出会えるはずです。

---fadeinpager---

[愛について]

3月頭頃まで
「与える」「受け取る」
やり取りが重ねられていきます。
愛は取引ではないので、
与えるのは与えっぱなし
受け取るのは受け取りっぱなし
です。
「お返し」という観念は、
愛の世界ではあまり
歓迎されません。
たとえ、ふたりの記念日に
ギフトを交換する、
という場面であっても、
愛する人への贈り物は
相手からのそれを前提には
していないはずです。
「愛し合う」ことが
双方向になるのは、
あくまで「結果」です。
どちらも一方通行を覚悟するからこそ、
「愛し合う」ことがいつも
奇跡のように尊いのです。

もちろん、
一方通行が片側だけに
「限定」されてしまうと、
愛自体が消えることもあります。
愛されることに慣れ、
愛情表現をおろそかにすると、
心の距離が少しずつ拡がって
いつの間にか
「望まない場所に立っている」
ことになる人もいます。
もちろん、
2022年の貴方の世界では、
それは起こりにくいでしょう。
なぜなら、
貴方自身が今年は
例年よりずっと「熱い」からです。
情熱的で、意欲にあふれていて、
思いを伝えずにいるなど、
むしろ難しく感じられるでしょう。
愛の世界においても
2022年の貴方は
「行動」するはずです。
その行動には、
不思議な自信が漲っていて
相手に深い納得を与えます。
普段、どちらかといえば
「自分の気持ちに自信が持てない」
「自分がどう思っているか、
よくわからない」
という思いを抱きがちな人も
2022年は、おそらく
「自分の思い」を
強く持つことができます。
自分自身の心と
深く対話ができているのは
2021年からの急激な精神的成長が
その理由なのかもしれません。

愛に追い風が吹くのは1月、
3月から4月頭、
6月末から7月中旬、
9月末から10月、
11月半ばから12月上旬です。
また、1月から3月頭は
非常に官能的な時間です。

---fadeinpager---

[時期について]

1月から3月頭までは、経済的にうれしい動きが多い。
「人から受け取るもの」「ギフト」に恵まれる。
パートナーや関係者の経済状態が上向きに。
お金に関する悩みが、外部から解決していく。

1月は人間関係も盛り上がる。
遠くからなつかしい人が声を掛けてくれるかも。
自分からも、大切な人に距離を超えて、声を掛けたくなりそう。

2月から4月前半は、向学心に火がつく、学びの季節。
発信活動などにも勢いが出そう。
遠出する機会も増える。
2021年に学んだことを生かせる場に恵まれるかも。

4月から5月は2022年の中でもっとも忙しい時期に。
チャンスが巡ってくる。新しいポジションに立てる。大活躍の時間。
特に仕事や対外的な活動において、大勝負に出る人も。
社会的立場が大きく変わる。「ブレイク」を果たす人もいそう。

5月から7月頭は、人間関係が活性化する。
新たな仲間を得られる。友だちができる。新しい場に参加する人も。
人から声をかけられて、新しいことを始める人も。
夢に出会える時。未来を共有できる人々との出会いも。
6月末から7月半ばはとても楽しくなる。
7月半ばから8月前半は経済的に勢いに乗れる。

8月下旬から2023年3月にかけて、素晴らしい「勝負・闘い」の時間へ。
自ら先頭に立ってチャレンジできる。
自分を変えたいと思っている人には、最大のチャンスが巡ってくる。
エクササイズやスポーツを始める人も。
自分自身と戦って勝利できる時。
特に8月下旬から10月、12月下旬以降は、仲間と共闘できる。
ともに闘い、勝利を分かち合える。

9月から10月は、身近な人や家族に多くの時間を割きたい時。
「居場所」に目を向け、丁寧に心を重ね合わせることができる。

10月末から12月中旬は、年明けから5月までに取り組んだことの「続き」の作業が発生する。
「第2弾」「第3弾」目のチャンス。活躍の場に恵まれる。脚光を浴びる。
ともに活動するパートナーに恵まれる気配も。いい「相方」を得て、活動の幅が拡がる。
人と一緒に活動する場面が増える。パートナーとの連携。

12月下旬以降、希望にあふれる活躍の時間が続いていく。
チャレンジ精神、フロンティアスピリットを燃やして、2023年3月までを駆け抜けていく。

---fadeinpager---

****

2022年のテーマのひとつに「救い」があります。

2022年の木星と海王星に示される双子座の「救い」とは、どんなものでしょうか。
「救い」は「危難から逃れること」「希望や明るさを感じさせ、気持ちをホッとさせること」などを意味します。苦しみから逃れさせてもらえるのが「救い」ならば、双子座の「苦しみ」とはなんでしょうか。

双子座の人々にとって、「理解されないこと」「伝わらないこと」は、もっとも大きな苦しみと言えるかもしれません。あるいは「理解できない」「伝わってこない」ことも、苦しいことかもしれません。双子座は知の星座であり、コミュニケーションの星座だからです。「わかり合えない」と感じる時、双子座の人々はしばしば、その人間関係自体をばっさりと切り捨ててしまうことがあります。繋がりを切り捨てることは、双子座の人々にとっては、「仕方がない」ことなのです。わかり合えないにも関わらず「関わり」自体を維持することの意義が、双子座の人々には飲み込めないのかもしれません。

双子座から見て、2022年の魚座木星・海王星の「救い」は、「社会的立場」を指し示しています。「社会的立場、組織、小さな歯車の集合体としての大きな人間集団」が、双子座の人々の「救い」になるとは、いったいどういうことなのでしょうか。
たとえば会社組織などに所属している人々は、お互いに完全に理解し合えるわけではありません。仕事や収入といった、いくつかの条件のもとに集まっているだけで、「毎日顔を合わせているけれど、何を考えているかまったくわからない相手」がけっこう、いたりするものです。「社会に居場所を持つこと」は、生きていくうえでとても重要です。「わかり合えている」ことよりも、「ここにいていいと思える」ことのほうが、もしかするとずっと大事なのかもしれません。

また、コミュニケーションは「理解」だけでできているわけではありません。コミュニケーションを構成する条件はたくさんありますが、その中のひとつに「信頼」があります。コマーシャルに著名人が登場するのは、「顔を知っている人はそれだけで、信頼できる」と私たちが感じてしまうからです。有名大学や国際的な機関の名前などを肩書きに持つ人が語っていれば、その人の話がよく理解できなくても「きっとそのとおりなのだろう」と感じてしまいます。「社会的立場」は、「伝わる・理解する」を超えて、コミュニケーションの柱となってしまうのです。

「わかってもらえなくても大丈夫」「伝わらなくても、それだけですべてが終わるわけではない」「すべてを理解できなくてもOK」という考え方は、おそらく、双子座的世界観の外部にあるものだと思います。双子座の人々にとって、「伝わらなくてもいいし、理解できなくてもいい」というアイデアを受け入れることは、なかなか難しいことなのかもしれません。それでも、扉を開けて「外部」への通路を開いておく時、それが「救い」になるかもしれません。「外部」の価値観を受け入れることで、かえって「伝わること、理解できることは、特別な、とても素晴らしい現象なのだ」と実感できるはずだからです。

2022年の双子座の人々は、おそらく、おおいにチャレンジし、闘うことになります。何かにぶつかって行くような動きの中では、理解し合えない場面、伝わらない場面が、いつもよりたくさん発生するはずです。でも、まずは「そこにいる」「その立場に立っている」ということが、とても重要なのだと思います。意味あることを伝え合うよりずっと手前に、「そこにいる・その立場にある」という大きな大きな力が存在します。その力を認識し、使おうとすることで、2022年の貴方は新境地に立つことになるのかもしれません。

「2022年の年報」TOPに戻る

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories