蠍座の空模様-石井ゆかりの星占い「2022年の年報」

Culture 2022.01.01

2022年 蠍座の空模様

蠍座の2022年は
「愛と創造の年」です。
人間の「愛」は、
恋愛はもちろん、
いろいろな対象に向けられます。
自分の心に湧き上がる、
何かを熱烈に大切だと思う気持ち。
2022年はその純粋な思いを
どこまでも生きられる年です。

「創造性、才能、個性」も、
この時期のテーマのひとつです。
愛と同じくこれらも、
自分の内側から湧き上がる力です。
誰かに命令されても
指導されても、これらを
「身につける」ことはできません。
学習や訓練、経験をとおして
それらを発掘したり、
鍛えたりすることはできますが
外から植え付けたり、
後から追加したりすることは多分、
できないものだろうと思います。

「これを好きになれ!」
と命令されても、
本当に「好き」にはなれません。
「こういう個性を持て!」
と言われても、
それは個性になりません。
自分の好きなものがわからない
個性がなんなのかわからない
という人は少なくありませんが
それでも、
好きなものや、愛や、個性は
最終的には、
自分の中にしか見つかりません。
見つけるためのヒントやきっかけは
外界に見つかることもあれば
誰かから授かることもありますが、
結局は自分の中に
何かが光り、きらめくのを
見つけ出すしかないのです。

とはいえ、愛や才能は
「外部」と強く繋がっています。
誰かに深く愛されることで
愛に「目覚める」ケースはあります。
また、誰かが自分の才能を
「見いだしてくれる」
場合もあります。
自分では
「こんなことは、
誰にでもできる」
と思っていても、
ほかの人の目には、
「素晴らしい才能だ」
と映るかもしれません。

才能を発揮できている時は
たいてい、夢中になっていて
集中していて、
そして、苦労はしても
どこかに喜びがあるものです。
力を発揮する楽しみ、
個性を打ち出す喜びが、
「これが自分の力だ」
という手ごたえになり
「もっとやってみたい」
という意欲を沸き立たせます。

2022年、
誰かに個性を認められる人もいれば、
自分の歓びや手ごたえをとおして
「これだ!」という才能に
気付かされる人もいるでしょう。
大好きなものに打ち込んでいたら
それが仕事になるかもしれません。
今まで背を向けていた
「好きなこと」に、
純粋な気持ちで挑戦し、
諦めていた夢を取り戻す、
そんな体験もできるかもしれません。

私たちの心には
幼いころから学び取ってきた
「規範意識」がしみついています。
「規範意識」には
箸の持ち方や靴の揃え方のような
「良いしつけ」もあれば、
「女/男はこうあるべき」といった、
歪んだ価値観も組み込まれています。
2020年頃から、
貴方の中の規範意識に
強い疑問符を投げかけてくれる人が
視野に入っているようです。
その人とのやり取りは、
2022年、さらに活性化します。
貴方自身の中の縛り、
規範意識という重石に2021年、
大きなひびが入りました。
さらにその人との関わりをとおして
重石をバラバラにして
さらさらの砂にしていく、
そんなプロセスが進んでいくのが
2022年です。
少々フライングですが
2023年には、
重石は跡形もなく消えるはずです。

---fadeinpager---

[愛について]

2022年は、愛の年です。
貴方が愛を探しているなら、
「どこかから
出会いが来ないかな」
と待っているには、
あまりにももったいない気がします。
仕事に出会おうとするなら、
仕事を探して就職活動するはずです。
人に出会いたい場合は、
人を探さなければなりません。
コロナ禍でなかなか、
人に直接会うことや
人が集まることが難しい時代ですが
今は、インターネットがあり
さまざまなサービスもあります。
趣味のサークルや、
ネット上のコミュニティや、
そのほかにもいろいろな「場」が
あちこちに存在します。
「愛する人を探しに出かけていく」
ことは、この時期、
きっと、愛への第一歩になります。

すでに愛する人がいるならば、2022年、
愛のドラマが急展開するでしょう。
パートナーとの関係も、
とても深く温かなものになります。
年明けから3月頭は
「愛のコミュニケーションの時間」
となっています。
愛を語り合ったり、
ラブレターを書いたりと、
言葉をとおして親密さが増すでしょう。
貴方の内なる思いが
思いがけない言葉となって
外に流れ出す、
といったことも起こりそうです。
心の結びつき・精神的な繋がりが、
2022年の愛のテーマですが
8月以降はフィジカルな関係も
一大テーマとなっています。
8月から2023年3月は
非常に官能的な時間です。

普段あまり愛を表現しない、
という人も、
今年は愛情表現に積極的になれます。
誰よりも愛情深いのに
誰よりも不器用になってしまう、
という人も少なくないのですが、
不器用なら不器用なままでも、
伝えようとする努力は
この年、必ず報われます。
自分を守る事や
スマートさやかっこよさよりも、
今は、ずっと大切なことがあります。
本当に愛する人は
「何もしないでいる」
ことができません。
愛する相手のために何かをすることが
愛するということなのだと思います。
たとえ「見守るしかない」ような時でも
愛する人はちゃんと
「見守って」います。
決して「見ているフリ」
をしたりはしないのです。

1年全体をとおして
「愛の時間」ですが、
中でも特に密度が濃いのが
4月から5月です。
さらに10月から12月中旬も、
濃密な愛の季節です。

---fadeinpager---

[時期について]

1月から3月頭にかけて、コミュニケーションと学びの時間帯に。
情熱的に勉強できる。発信活動には勢いが出る。ビジネスチャンスを掴む人も。情報力が物を言う時。
あちこちマメに出歩く人も。行動範囲や他者との関わりの範囲がじわっと拡がる。
1月は経済活動が盛り上がる。欲しいものが手に入りそう。

3月から4月半ばは「居場所が動く」時。2021年の中で展開したことの「続き」のような出来事が起こるかも。家族に関すること、家に関することで忙しくなる。

4月から5月は「愛と創造の季節」のピーク。何かしら好きなこと、好きなものに打ち込める。何かに夢中になれる。大恋愛をする人も。愛するものに力を注げる時。

5月から2023年5月にかけて「役割・任務」の季節となる。新しい役割を担うことになるかも。周囲との役割分担が大きく変わる。重要な仕事を任される。
ライフスタイルを一変させる人も。暮らし方や働き方をドラスティックに変えられる時。日常のあり方が変わる。新たな生活習慣を導入できる。健康上の問題が解決する時期。
特にこの5月から7月頭は、暮らし方の改革や転職を実現する人が多そう。自分に合った条件を勝ち取れる。

7月から8月中旬はタフな交渉に臨むことになるかも。
熱い人間関係の時間。刺激的な人に出会える。個性的な人々から影響を受ける。
親切な人にも出会える。人から優しいサポートを受けられる。理解者に恵まれる。

8月下旬から2023年3月は、経済活動が一気に活性化する。人からさまざまな提案がなされ、それを吟味したり、捌いたりすることになりそう。
人と協力して取り組む経済活動。人から託されるものがある。他者のお金のマネジメントや運用を任されるかも。

9月から10月は、なつかしい仲間との交流が実現するかも。旧交を温める機会。
過去を振り返り、大切なことを思い出す人も。
10月末から12月中旬は、年明けから5月頃までに取り組んだことの「仕上げ」をすることになるかも。愛と創造の時間。自分から積極的に動ける。新しいものを取り入れる勇気が湧く。

12月は学びの季節。経験を積み重ね、経験を咀嚼して、知恵に変える。
人から学びの機会を提供してもらえるかも。賑やかで「やることの多い」、忙しい年末年始になりそう。

---fadeinpager---

****

2022年のテーマのひとつに「救い」があります。

2022年の木星と海王星に示される蠍座の「救い」とは、どんなものでしょうか。
「救い」は「危難から逃れること」「希望や明るさを感じさせ、気持ちをホッとさせること」などを意味します。苦しみから逃れさせてもらえるのが「救い」ならば、蠍座の「苦しみ」とはなんでしょうか。

蠍座は、深く強い愛を生きる星座です。その愛のあり方は、「融合」そして「支配」に通じます。人が人を、あるいは何かほかの対象を、完全に自分のものとして愛することは、可能なのでしょうか。蠍座の世界では少なくとも、そのことが希望となっています。蠍座の対岸は牡牛座ですが、この2星座は「所有」というテーマを共有しています。何かを自分のものとすること。それが、蠍座の願いの根底にあります。だとすれば、蠍座の人々にとってもっとも辛いことは、「失う」ことだろうと思います。あるいは、何かを支配できないということ、手の中から大切なものが逃れ出て行くということだろうと思います。

2022年、海王星と木星が並び立つ魚座の「救い」は、蠍座から見て「愛」の場所にあります。魚座は限りない自由の星座でもあります。魚座的な愛とは、与え、許し、解放することです。蠍座的な愛が、小さな池の中で育まれるとするなら、魚座的な愛は、広い海に放流するようなものなのです。蠍座の人々が心の中に大切に、宝石箱に宝石をしまうように、アコヤ貝が真珠を抱くように、抱きしめておきたい愛。なのに、蠍座の愛の救いは、広い海にそれらを解き放つことだというのです。

閉じ込めれば閉じ込めるほど、それは外に逃げだそうとします。一方、閉じ込めることをしなければ、それは絶対に逃げ出しません。閉じ込められていないのですから、逃げる必要がないのです。逃げ出さないなら、失わなくてすみます。蠍座の心にある恐怖や、蠍座の人々が経験する深い悲しみは、「もう逃げ出さないもの」によって救われるのかもしれません。「閉じ込めない」という愛のあり方を肯定した時、蠍座の人々のもっとも深い恐れが消え去るとすれば、たしかにそれは「救い」となるのかもしれません。

蠍座は古くから、死と関連付けられています。蠍座から見て魚座は「子ども」を象徴する場所でもあります。人間は、生き物は、必ず死にますが、その命を新しい命に託してゆくことが「救い」となる、と感じている人は少なくありません。命は、ひとつの個体だけを見ていれば「生まれて、死ぬもの」ですが、人間全体、生き物全体をとおして見ると、いつもそこに生きています。人間ひとりの命は、果たして自分だけのものなのか。昨今の世の中では「自己責任論」がはびこり、ひとりひとりの人間が切り離されて生きているように考えられています。でも、命というのはきっと、「別の命」があってこそ、希望を抱けるものなのかもしれません。蠍座の人々の「救い」は、利他的な愛の中にあります。蠍座の人々の、他者への限りない優しさは、そのあたりを源泉としているのかもしれません。

「2022年の年報」TOPに戻る

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories