乙女座の空模様-石井ゆかりの星占い「2022年の年報」

Culture 2022.01.01

2022年 乙女座の空模様

味方がいるから、
愛があるから、
そのために頑張れる。
2022年はそんな時間です。
味方がいて、
愛があります。

年の始まりにはまだ、
闘いは始まっていません。
人との関わりは穏やかで
愛だけに満ちていて
自分が何を守りたいか
何のためなら頑張れるか
そのことを心から
確かめることができるでしょう。

夏以降、挑戦が始まって
2023年の春まで続きます。
この「チャレンジ」では、
おそらく、
年の前半に信頼関係を築いた
「味方」が大きな意味を持ちます。
孤軍奮闘ではありませんし
自分のためだけの闘いでもありません。
このチャレンジにおける勝利を
貴方は、誰かにそのまま
「捧げたい」と思うかもしれません。
たいてい、人生の喜びは
自分ひとりだけのもの
にはなりにくいのです。
みんなが喜んでくれて、
寿いでくれて始めて
「本当によかった」
という、うれしい気持ちが湧きます。
乙女座の人々は特に、
そういうところがあります。
「自分ひとり分の喜びで
十分満足できる」
という乙女座の人は
少ないだろうと思います。

「この人のために
一生懸命頑張った」
と思っても、
相手の態度や思いによっては
「それでほんとうに
よかったのだろうか?」
と思えるようなこともあります。
一方、相手の喜ぶ姿を見て
「この人のために頑張って
本当によかった!」
と思える場合もあります。
2022年はきっと、
後者の年になると思います。
相手が喜んだり、
感謝したりしてくれるから、
ということ以上に、
自分のやったことが本当に
「その人のため」になった
と実感できるからです。

人間は、
本質的には望ましくないことでも
喜んでしまうことがあるものです。
子どもが欲しがるからといって
甘いお菓子だけを与えて
「喜ばせて」いても、
ちっとも本人のためにはなりません。
大人になっても、私たちは
時々、そういう迷路に陥ります。
子どもと違って叱ってくれる人がなく、
長い間
「ためにならないことを喜んでいる」
と、気付かない場合もあります。
2022年の貴方は、
本当に「その人のため」に挑戦し、
貢献することができるようです。

とはいえ、これは貴方が
「脇役」のようになるとか、
自己犠牲を払って自分を省みないとか、
そういうことではありません。
むしろ、2022年の乙女座は
かなり「主役」の観があります。
脇役と違って主役は
あらゆるシーンに影響を及ぼします。
「自分の役目はここだけだ」
というふうに、
境界線を限定することができません。
役割や責任範囲の境目を越え
あらゆることに絡む必要があるのです。
乙女座の人々は、
「自分の役割」を大切にしています。
境界線を越えることで場が混乱したり、
責任が曖昧になることを恐れます。
でも、2022年はいくつかの場面で
「ここまでが自分の役割」
という線引きが難しくなるはずです。
その時、
ラインの内側に引っ込むか
外側にはみ出すか、
選択を迫られます。
2022年の貴方はおそらく、
「相手のため」を思って、
はみ出すことを選ぶだろうと思います。

「ラインをはみ出す」ことは
混乱を呼ぶ場合もありますが
通常では考えられない、
特別な出会いの糸口となることもあります。
2022年は乙女座の人々にとって
「出会いと関わりの季節」です。
いつもは固く守っている境界線を
ふと、超えてみたところで、
誰かと手を繋いでいる貴方がいるようです。

---fadeinpager---

[愛について]

乙女座の2022年は
「愛とパートナーシップの年」
です。
愛を探している人は、
きっと見つけられるでしょう。
すでにパートナーがいる人は
ふたりの愛が大きく育つはずです。
特に、年明けから3月頭にかけては
普段、胸に隠している思いが
ドバッと表にあふれ出て、
自分でもびっくりするかもしれません。

貴方の愛を押し留めているフタを
2022年は、取り払うことができます。
心の中で固く閉ざされた扉が
ぽんと開かれる瞬間がやってきます。
プライドやシニスム、
傷つくことへの恐れなど、
愛への道を閉ざすカベは
本当に無数に存在します。
でも、2022年は不思議と
それらのカベがふにゃふにゃになり、
簡単にまたいだり、
撤去したりできるようになるのです。
自分が本当は何を望んでいたのか
その望みを押しつぶしていたのは
一体どんな恐れだったのか、
そのことが2022年、
はっきりわかるかもしれません。

特に愛に追い風が吹くのは
年明けから3月頭、
4月から5月半ば、
9月、10月末から12月です。
もとい、前述の通り
1年全体が
「愛の季節」です。

---fadeinpager---

[時期について]

1月は「居場所が動く」気配が。
「いつもの景色」が変化する。
家にじっとしている暇がないほど、外を駆け回る人も。

1月から3月頭にかけて、好きなことや、やりたいことに全力で打ち込める。
非常にクリエイティブで、アクティブな時間。
才能を評価される。個性を発揮する場に恵まれる。
大恋愛をする人も。

3月から4月半ばは非常に忙しい時。2021年に取り組んだことに再挑戦する人も。
2021年にスタートしたことを、ここで一気に軌道に乗せられる。

4月から5月は人間関係とパートナーシップが「動く」時。
公私ともに重要な出会いがあるかも。
人と関わりながら動く。人に深くコミットする。
「相手のためにできること」がたくさんある。
また、関係性の調整をする人も少なくなさそう。依存の解消や、「向き合わない」態度の改善など、問題のある状況を変えるために努力し、結果を出せる。

5月から2023年5月にまたがって「ギフトの季節」となる。人から受け取るものが多い時期。
経済活動にも熱い勢いが出てくる。欲しいものが明確になる。
意外なチャンスがもたらされる。誰かのために「受けて立つ」ようなチャンス。
特に5月末から7月頭は熱いオファーや提案、申し出が増えそう。

7月から8月前半は遠出の気配が。旅行や出張、遠征に出る人が多そう。
仲間とともにゆく旅、チームでの遠出。遠く出掛けた先で友に出会う人も。

8月下旬から2023年3月にかけて、仕事や対外的な活動における「大勝負」の時期となる。
新境地を切り開く人、独立する人、一大プロジェクトに取り組む人もいるはず。
非常に忙しくなる。優等生的なスタンスでは捌ききれないような状況に。
周囲とぶつかったり、摩擦を起こしたりしつつも、とにかく目標に向かっていく。
「目の上のたんこぶ」的な存在と闘う人も。既存のシステムを変えられる時。
味方もたくさんいる。頼れる人々とともに闘っていく時間帯。
特に8月から10月にかけては、人から有利な条件を提供してもらったり、力強くサポートしてもらったりする場面が多そう。
9月はとても楽しい時間。うれしいことが多い。愛にも追い風が吹く。

10月末から12月中旬にかけては、ふたたび「パートナーシップと人間関係の時間」。
年明けから5月にかけて取り組んだことに、再び取り組める。2021年5月から7月が「第1章」、2021年12月末から2022年5月が「第2章」、そしてここが「第3章」。

11月から12月中旬は、家族や身近な人とのやり取りが活発になりそう。このところ取り組んでいる活動について理解を得られる。あるいは、普段忙しすぎて、身近な人に時間を割けていなかった分、ここでフォローできるかも。

年末は素晴らしい愛の季節へ。愛する人たちと温かな時間を過ごせそう。

---fadeinpager---

****

2022年のテーマのひとつに「救い」があります。

2022年の木星と海王星に示される乙女座の「救い」とは、どんなものでしょうか。
「救い」は「危難から逃れること」「希望や明るさを感じさせ、気持ちをホッとさせること」などを意味します。苦しみから逃れさせてもらえるのが「救い」ならば、乙女座の「苦しみ」とはなんでしょうか。

乙女座は教育やケア、「仕事」全般、几帳面さや緻密さ、分析や分類などと関連付けられます。五感と知性を直結させ、その力によって他者や世界を「変容させよう」とする世界なのです。教育も、ケアも、さまざまな「仕事」も、自分の力で何らかの対象を変化させようとします。この「変化」はもちろん、カエルをイヌに変えるようなことではなく、オタマジャクシをカエルにするようなことです。もともと対象が持っている性質をより良いかたちで引き出すことが、乙女座の目指す「変容」です。

魚座の木星と海王星の「救い」は、乙女座から見て「他者」の場所にあります。「他者」は、対等で、不可知の部分を持ち、ルールや契約書などである意味「隔てられて」います。一線を引いたうえで関わる「他者」は、上記のような「手を触れて育てたり、変えたりする」ことができません。

人のニーズに応えたい、役に立ってあげたい。乙女座の世界には、この願いが常に響き渡っています。もし相手に対してなんの影響も及ぼすことができないとしたら、その関わりには一体、どんな意味があるでしょうか。否、人は「役に立たなくても、ともにある」ことができるのです。何もできなくても、一切のニーズに応えられなくても、それでも、「ともにある」ことに意味がある。互いにわかり合え なくても、歩み寄れなくても、関わることに意義がある。このことが乙女座の人々の「救い」になると言ったら、どうでしょうか。

魚座の世界には、「境界線」は存在しません。乙女座の世界観には、「役割概念」や立場性、ポジションという概念が色濃く刻み込まれています。乙女座から見た「他者」とは、社会的境界線を認識できない人々なのかもしれません。自分が大切に守っている「ライン」を、簡単に踏み越えたり、かき消したりしてしまう人々は、貴方にとって非常に厄介な存在かもしれませんが、同時に、貴方を縛る鎖が幻影であることを教えてくれる、特別な存在でもあります。たとえば貴方が「やるべきことができていない」「人の期待に応えられていない」「自分の役割を果たせていない」などと思い、傷ついた時、その人たちは貴方を救ってくれます。すなわち「その『期待』『役割』は、本当に貴方が思うほど、重要なのか?」という問いを投げかけてくれるのです。境界線は貴方にとって大切なものです。世の中を創るうえでも、欠かせないものです。でも、その境界線は、別の光に当てれば「絶対的」なものではありません。このことがいつか、貴方の「救い」になるのかもしれません。

「2022年の年報」TOPに戻る

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories