「家の中で迷子に......」クリスティアーノ・ロナウドのパートナー、超豪華な生活を語る。

Culture 2022.01.28

今週Netflixで配信が開始されたリアリティ番組『私はジョージナ』の主役はロナウドのパートナーだ。交際当初、相手の贅沢な暮らしぶりに戸惑ったことなどを番組で語る。

【関連画像】 ロナウドとジョージナ、愛の軌跡。

00-220128-georgina-rodriguez-et-cristiano-ronaldo.jpg

セビリアのFIBES会議・展示センターで開催された2019 MTV EMA受賞式に出席する二人。(セビリア、2019年11月3日) photo: Getty Images

ロナウドのパートナー、ジョージナ・ロドリゲスをインスタグラムでフォローする人は2970万人いる。フォロワー数の多さではダントツの人気を誇る女性の一人だ。Netflixは、彼女の28歳の誕生日である1月27日にリアリティ番組『私はジョージナ』を配信開始した。母親、インフルエンサー、ビジネスウーマン、クリスティアーノ・ロナウドのパートナーとしての日常を密着取材した番組だ。ジョージナは2017年からロナウドと暮らすようになったが、このスター選手と付き合いはじめた当初、相手の豪奢な暮らしに戸惑うことが多かった、とザ・サン紙に語っている。マドリードでグッチのセールスアシスタントとして働いていたジョージナは仕事の後、ロナウドが迎えに来ると「バスで出勤し、ブガッティに乗って帰宅」する生活だったと言う。

それから約5年、二人は愛を育み、2022年春には双子が誕生する予定だ。ジョージナにとっては2017年にロナウドとの間に出来た娘アラナ・マルティナに続く、第2子および第3子となる。一方、クリスティアーノ・ロナウドがパパとなるのは6回目のことだ。2010年にクリスティアーノ・ジュニアが産まれ、子供の親権をロナウドが得た。母親の名前は公表されていない。さらに2017年には代理母出産によって双子のエヴァとマテオが誕生した。

---fadeinpager---

家の中で迷子に

「ラグジュアリーブランドの販売職から一転、ラグジュアリーブランドを身につけてレッドカーペットを歩く立場になりました。私には何百万人ものフォロワーがいて、世界で最もフォローされている男性の妻です」と番組でジョージナは語っている。その一方で「自分の出自も忘れない」と言う。故郷はスペインの小さな町、ハカだ。『私はジョージナ』では、ロナウドの家の中で迷子になったことを回想している。狭い家で育ったので屋敷の広さに慣れるまで苦労したそうだ。「水を一杯、キッチンに取りに行って、リビングに戻るのに道がわからず、30分かかることもありました。とても広くて。子供の頃から狭いアパートで暮らすのに慣れていましたから」とジョージナは語り、付け加えた。「半年経ってようやくどこに何があるのか把握しました」

---fadeinpager---

悪魔のような女?

ジョージナの暮らしが変化したことを快く思わなかった人もいる。中でも彼女の身内、とりわけ彼女のおじにあたるヘスス・エルナンデスは恨みに思っているようだ。ロナウドのフェイスブックアカウントにコメントを投稿し、彼女を「悪魔のような(…)女」と呼んだ。2022年1月24日付けのザ・サン紙の記事の中でヘスス・エルナンデスは、彼女の父親が刑務所に入った後、自分が彼女とその妹を引き取って育てたことを語った。そして彼女の父親の埋葬場所さえ教えてもらっていないと不満をぶちまけた。いまではほとんど連絡が途絶えているそうだ。「優越感に浸って私たちのことを恥ずかしいとでも思っているんだろう。あんな贅沢な暮らしをしていないからね。ロナウドとつきあっていることがわかってからは、1、2度しか電話をもらっていない」

text: Alice Mascher (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories