「うまくいかないと手が出るタイプの人」初代マネージャーが語る、18歳でデビューした頃のトム・クルーズ。

Culture 2022.03.01

トム・クルーズの初代マネージャーのアイリーン・バーリンが「デイリーメール」紙の取材に応じ、デビュー当初のトムについて語った。なかなか大変だったようだ。

00-220301-tom-cruise.jpg

『ミッション・インポッシブル7(仮題)』の撮影現場でのトム・クルーズ。(2020年10月13日 ローマ) photo: Getty Images

「うまくいかないと手が出るタイプの人」とアイリーン・バーリンはバッサリ。トム・クルーズの初代マネージャーで現在86歳のアイリーンがイギリスの「デイリー・メール」紙の取材に応じ、デビュー当初のトムの思い出を語った。当時トムは18歳で、ショービジネスの世界でなんとか頭角を現そうとしていた。アイリーンは夫とともにトムを自分の子どものように面倒を見た。一時期は一緒に住んでいたぐらいだ。「本人からは自分のキャリアを管理し、ハリウッドのエージェントを見つけてほしいと言われました」と、アイリーンは言う。「18歳の誕生日を迎えた後、トムは私たちと契約しました」

---fadeinpager---

2年後の1983年、ポール・ブリックマン監督の『卒業白書』でジョエル役を得るとトムは躊躇なく契約交渉を始め、自分の要求を通そうとした。彼が準備した「事前合意案」には11項目の要求が並んでいた。アイリーンは、トップにまずトムのギャラのことが来て、「7万5千ドルでなければこの話は受けない」と書いてあったことを覚えている。また、自分が主役であるべきで、自分よりも重要な役はあってはならないとも書いてあった。「もしも主演女優がトムより有名なスターだったら」副次的な役柄にすべきだった。また、ロケ地まで「ファーストクラスで往復」という項目もあった。宿泊は「5つ星ホテル」で、「一番良い楽屋」をもらいたいとも。「とても自己中心的な人でした。世界の中心でいなければ気が済まないのです」とアイリーンは言う。

---fadeinpager---

「身体を見せびらかすのが好きだった」

取材中、アイリーンはマネージャー時代に撮った昔のトムの写真を引っ張り出してきた。彼は外見にこだわり、初めてCMに出る時に一日中ポーズを研究していたそうだ。「野心があってスターになりたいと強く望んでいました。だから完璧主義者になっていったのです」とアイリーン。

 

 

写真撮影があるときはその前に夫妻のニューヨークの住居内を下着姿でうろつくこともよくあった。「壁一面が鏡の場所があって、そこをパンツ一枚で歩いていました。拳を突き上げて上腕二頭筋に力を入れ、自分の姿に見惚れていました。私はきまりが悪かったけれど、トムは自分の体を見せるのが好きでしたね。(中略)身長が170センチしかないことを気にしていて、上底の靴があればいいなとよく言っていました」とアイリーン。アクション映画のヒーローとして、また同世代のセックスシンボルとして、完全主義を貫いた成果は出たようだ。整形手術はしていないと言っているが、アイリーンはしていても驚かないと言う。

---fadeinpager---

「トミーは気性が荒かったわ。気分屋で、指を鳴らしただけで怒るような人だった」とアイリーンは付け加えた。 『トップガン』の主役俳優はいまだに短気で、怒りをこらえるのに苦労しているようだ。2020年、コロナ禍での『ミッション・インポッシブル7(仮題)』の撮影現場では、撮影スタッフがソーシャルディスタンスのルールを守らないと非難し、なん度もキレた。その度に撮影が中断され、トム・クルーズは我慢の限界に達しているようだ。愛想が悪いのは昔からで、アイリーンはハロルド・ベッカー監督の『タップス』の撮影休憩中、あるウェイターが彼に気づいたときのことを回想している。「ウェイターがトムに『あなたも俳優のひとりですよね』と聞くと、トムは私たちにこう言いました。『こいつに質問するなと言え。役に入り込んでいるんだから』ってね」

---fadeinpager---

アイリーンが俳優のマネージャーだった時の最後の作品は、1986年の『トップガン』だった。その後、トムはロサンゼルスに引っ越し、アイリーン夫妻はニューヨークに残った。トム・クルーズはまもなく60歳。アイリーンは、彼にとってアクションヒーローとしてのキャリアを維持することが重要と考えている。「大丈夫かしら。孤独なのではないかしら。仕事ができて、ああいうジャンルの映画に出られる間は大丈夫だと思います。映画に出られなくなったら、その時は一体どうなるのでしょう」

text: Leonie Dutrievoz (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories