ヒラリー・ダフ、第三子出産後にヌードで表紙を飾る!

Culture 2022.05.12

フィジカル&メンタルヘルス分野の記事に定評あるアメリカの「ウィメンズ・ヘルス」誌で「ボディ・ポジティブ」を特集した最新号のカバーに34歳の女優、ヒラリー・ダフが登場した。

aflo_182975693.jpg

『パパと恋に落ちるまで』プレスイベントに登場したヒラリー・ダフ。(2022年3月10日、カリフォルニア)photography: Aflo

ヒラリー・ダフは2022年5月10日、「ウィメンズ・ヘルス」最新号のカバーにヌードで登場し、その美しい肢体を披露した。この号のテーマは「ボディ・ポジティブ」。ミュージシャンのマシュー・コーマとの間に3人の子供、ルカ・コムリー(10歳)、バンクス・ベア(3歳)、メイ・ベア(1歳)がいるヒラリー・ダフは、この特集号にヌードで登場することを「意識的かつ意図的に」決めたと同誌に語った。

ヒラリー・ダフはさらに、「自分の体を誇らしく思います。3人の子どもを授けてくれたのですから。自分の体の変化も受け入れることができるようになりました」と語り、こう付け加えた。「撮影ではボディをメークの人がきれいに仕上げてくれて、ポーズも美しく見えるよう、指示してもらったことをみんなに知っておいてもらいたいです」

---fadeinpager---

「内側からアプローチ」

 

 

自分の体の変化を受け入れるようになっただけでなく、セラピーを受ける際には積極的に関わっていきたいと思っている。「みんな体型コントロールして最高に美しく見えるよう努力しています。フェイシャルに通い、ボトックス注射をし、ヘアも眉もまつ毛も完璧に整えています。でも私は内側からアプローチしたいのです。そこが体の中で一番重要な部分ですから」と。

---fadeinpager---

ハリウッド基準はもういらない

 

 

2022年3月9日からDisney+(ディズニープラス)で配信スタートしたラブコメ『パパと恋に落ちるまで』に出演するため、ヒラリー・ダフは3人目を出産後、4ヶ月半で体型を戻した。17歳まで摂食障害に悩まされたこともあって撮影に入る前は不安だったそうだ。「これまでの経験からどうしても『カメラで撮られるなら、女優は痩せていなきゃ』と思ってしまうので」と言いつつも、自分も家族も食べることが大きな幸せの源だという。「我が家ではバターもオリーブオイルも、ナトリウムも砂糖も摂ります」

14歳のときにドラマ『リジー&Lizzie』(2001年)で一躍脚光を浴びた後、長い道のりを経てヒラリー・ダフは過去のトラウマを克服しようとしている。

text: Lucie Lanzon (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories