くまのパディントン、エリザベス女王とティータイムを楽しむ愉快な動画が公開!

Culture 2022.06.06

バッキンガム宮殿前で大規模なコンサートが開催され、エリザベス女王は風変わりな友人とティータイムを楽しんだ。

 

エリザベス女王とくまのパディントンのティータイム。バッキンガム宮殿。

 

宮殿の応接間でエリザベス女王がお茶を楽しむ相手は、くまのパディントン。イギリス児童文学の主人公だ。パディントンはお茶のお供にいかがと赤い帽子からサンドイッチを取り出し、万が一に備えて隠してあるんですと打ち明けた。すると女王は「わたしのはここよ。あとのお楽しみにね」と愛用のロウナー ロンドンのハンドバッグからパンを2切れ、出してみせた。表から歓声が聞え、執事が窓の外に目をやると、バッキンガム宮殿の前に女王を讃えようとやってきた数多の観客が待ちかまえている。「もうすぐ始まります」と執事はコンサートの開幕を告げた。パディントンが女王に「プラチナジュビリー、おめでとうございます。そして......なにもかもありがとうございます」と言うと、「どうもご親切に」と女王は答えた。

---fadeinpager---

6月4日に行われたプラチナ・ジュビリー記念コンサートのオープニングにエリザベス女王のこんな愉快な動画が流れ、観客の爆笑をさらった。96歳の英国女王がユーモアを失っていない証だ。王室の広報担当者は、「女王はコンサートに出席しませんでしたが、これが自分にとってどんな意義を持つのかをご理解いただくと同時に、集まった皆さんが楽しい時間を過ごすことを望んでいました」とイギリスの報道機関に語った。

 

 

2022年のロンドンオリンピックの開会式でも、当時のジェームズ・ボンド、つまりダニエル・クレイグとの動画に女王がカメオ出演していたことが思い出される。

text: Léa Mabilon (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories