キャサリン妃の母、娘のドレスを纏ってロイヤルアスコットに登場!

Culture 2022.06.22

キャサリン妃から服を借りるのに、これはまたとない機会だった。

01-220617-mother-of-kate-middleton.jpg

キャサリン妃の妹、ピッパの結婚式でのキャロル・ミドルトン。(2017年5月20日、エングルフィールド) photography: Abaca

6月13日、英国で最も人気の高い競馬イベント、ロイヤルアスコットレースが開幕した。ロイヤルファミリーを含め、社交界の人々がここぞとばかり、着飾って正装でやってくる華やかなイベントだ。素敵なドレスに凝ったデザインの帽子......そんな場に、キャサリン妃の母、キャロル・ミドルトンが選んだドレスに注目が集まった。レース初日にキャロル・ミドルトンはピンクのベルト付きロングシャツドレスを着て現れた。それは昨年、キャサリン妃が、がん患者の少女ミラ・スネドンを見舞った時のドレスだったのだ。キャサリン妃はよくカラフルでエレガントな服を着ているが、母娘は洋服の趣味が一致しているようだ。

02-220617-mother-of-kate-middleton.jpg

2022年ロイヤルアスコット初日のキャロル・ミドルトン。(6月13日アスコット) photography: Abaca

キャロル・ミドルトンはこのドレスに、巨大な花びらをチュールでかたどった帽子を合わせていた。足元は、前年のキャサリン妃同様、ピンクのパンプスだった。

 

 

---fadeinpager---

ファッションの好みが同じ

03-220617-mother-of-kate-middleton.jpg

ロイヤルファミリーの一員として初めて公の場でスピーチした時のキャサリン妃。(2012年3月19日、イプスウィッチ)photography: Getty

キャサリン妃とキャロル・ミドルトンが同じ服だったのはこれが初めてではない。母が2009年にロイヤルアスコットで着たコバルトブルーのベルト付きブレザーを、娘のキャサリン妃は2012年、ロイヤルファミリーの一員として初めて公の場でスピーチした時に拝借していた。どうやら家族で着回すのがミドルトン家の流儀らしい。

text: Alexander Peters (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories