インスタグラム、「バストトップの解禁」に一歩前進?

Culture 2023.01.23

FacebookやInstagramの親会社であるMetaは、ヌードに関する規則、特に女性の裸の胸を見せることを禁止する規則の見直しを命じられた。フリー・ザ・ニップル活動に一歩前進か?

 

 

Instagram@ celestebarber

「フリー・ザ・ニップル(乳首に自由を!)」公共の場やソーシャルネットワーク上での乳房の露出に対する検閲に反対する「フリー・ザ・ニップル」戦線は、勝利を収めたと言えるかもしれない。さらに、FacebookやInstagramの親会社であるMetaが、ヌードに関する規則を改定しようとしていると伝えられている。特に、女性の乳房を見せることを禁止し、女性やトランスジェンダー、ノンバイナリーの人々の自己表現能力を妨げるような規則を、グループの監査役会が否定しているのだ。

「“Meta”にこの問題を調べてもらいます。私たちはもっと平等であるべきです。性的でない乳首は、男性のものか、手術を受けたものだけだというのは興味深いことです」とデンマークの元首相でMetaの監査役であるヘレ・ソーニング=シュミット氏は19日(木)、Instagramのオンライン会見でそう語った。

---fadeinpager---

「これらの画像の削除はコンプライアンスに反する」

最高裁判所は近頃、Metaは乳首を隠した状態で胸を見せたカップルの投稿写真を削除すべきではなかった、とする判決を下した。写真のキャプションには、トランスジェンダーの健康について言及し、カップルの一人が性別適合手術の一環として乳房を切除しようとしていることを説明した。夫妻は、手術のための資金を調達していた。「これらの画像の削除は、Metaの価値観や人権に対する責任と一致しない」と監査役会が火曜日に発表した。「同社のアダルトヌードに関するポリシーは、女性やトランスジェンダー、ノンバイナリーの人々がInstagramで自己表現することをさらに阻害している」と取締役会は付け加えている。

備考:マーク・ザッカーバーグ氏の提案により2020年に創設された監査委員会は、20名の国際的なメンバー(ジャーナリスト、弁護士、人権擁護者、元政治指導者)で構成され、カリフォルニア・グループのコンテンツ・モデレーション・ポリシーを評価する役割を担っている。

---fadeinpager---

主観的な規制

Metaの規則では、授乳や性転換手術などの特定の健康関連の文脈を除いて、女性の乳首を含む画像を禁止している。しかし、「このルールは、性別に対する二元論に基づいている。性別の判定を迅速かつ主観的に行うことを意味しており、大規模な場合には現実的ではない」と協議会は指摘している。この状況を改めるために、Metaの経営陣は「国際人権基準に沿って、性別や性別を差別せずに処遇するための明確かつ客観的で人権に配慮した基準」を設定することを提言した。

Instagramは、ユーザーたちから定期的にその慎重さや客観性の欠如を非難されている。モデルヘレナ・クリステンセンは木曜日、豪コメディアンのセレステ・バーバーがピクセル化した裸の胸を揺らしているパロディ動画について「この美女たちを解放して!」とコメントした。

---fadeinpager---

3月中旬までに決定

木曜日に行われたInstagramの会見では、ユーザーから「なぜMetaは単純にすべての乳首を“解放”しないのか」という質問があった。ただし、現状、同社はこの件に関してコメントを控えている。NGO「国境なきインターネット」の理事でディレクターのジュリー・オウォノ氏はAFP社に対し、「今回の件は、乳首の画像を制限するMetaの現在の規則が、性別に対する二元論、男性と女性の体の区別に基づいており、混乱を招いている」と述べている。

Meta側では、問題となった画像はすでに復元されており、削除すべきではなかったことを認めている、とコメントした。「私たちは、LGBTQ+コミュニティをサポートするためにもっとできることがあると理解しています」と広報担当者はAFP社に語った。同社は、3月中旬までに同審議会の勧告に公的に回答する予定だ。

2021年8月、Instagramは、スペインのペドロ・アルモドバル監督の映画『パラレル・マザーズ (Madres paralelas)』のポスター(乳首からミルクが垂れている)をシェアする投稿を一時削除したことを謝罪している。アートな乳首は掲載が許可された。

2020年10月、Instagramは胸部写真に関するルールのひとつを改定し、「胸をしぼる」ことをポルノと見なして禁止し、ペナルティが課された(削除された)。しかし、あるプラスサイズモデルがInstagramを差別だと訴え、結局、そのコンテンツを許可され、胸に抱きついたり、胸を押さえたりするようなコンテンツは許容されることになった。

text: Ségolène Forgar avec AFP (madame.lefigaro.fr) translation: Hanae Yamaguchi

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

シティガイド
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
編集部員のWish List!
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories