ブラピ、アンジーと暮らした豪邸を売りロサンゼルスを離れる。

Culture 2023.04.01

ロサンゼルスを離れるオスカー俳優ブラッド・ピットが、30年以上前に購入した豪華な自宅を手放すことにした。

01-230330-brad-pitt.jpg

建築家とデザイナーのチームによって改装された。(ロサンゼルス、2006年6月10日)photography: Getty Images

ブラッド・ピットが荷造りをしている。30年近くロサンゼルスのロスフェリス地区の住居で過ごした後、自宅を売りに出し、新天地へと旅立つことにした。この家を買うには、3900万ドル(約51億7千万円)かかるという。ブラッド・ピットはかつてこの家を1994年に、映画『エルヴィラ』で知られる女優カサンドラ・ピーターソンから購入したが、当時、170万ドル(約2億2千万円)とかなり少額であった。

---fadeinpager---

 

 

この物件は、長い年月を経て、改修を重ねながら価値を高めてきた。昨年1月に初めて売りに出されたときの希望価格は、4500万ドル(約59億円)にもなっていた。それが、明確な理由も示されないまま、ついに値下げされた。

---fadeinpager---

ロスフェリスで幸せな暮らし

ロスフェリス(スペイン語で幸福を意味する)にあるこの広大なヴィラを撮影した写真は少ない。しかし、今回の写真から、620平方メートルの森に囲まれた敷地から、灰色の屋根の母屋を確認することができる。レンガ造りの暖炉が多く、5つのベッドルームと5つのバスルームを備えている。2軒目のレンガ造りの家と4つのゲストハウスが、この敷地を完成させている。また、スケート場、ボールルーム、映画館、2つのプール、ジャグジー、池などもある。

豊かな自然に囲まれたこの敷地は、1910年に石油王によって建てられた。創造性を刺激する安らぎの空間であり、ジミ・ヘンドリックスが1967年にロックンソウルバラード「メイ・ディス・ビー・ラブ」を書いた場所でもある。

---fadeinpager---

新たな始まり

30年の間に、このロスフェリスの自宅はブラッド・ピットの人生における最も重要な出来事を目撃してきたことになる。アンジェリーナ・ジョリーとの関係から始まり、2016年に別れるまで、彼や6人の子どもたちと一緒にそこで暮らしていた。60歳を目前にして、この俳優はロサンゼルスを離れ、カーメル・ハイランドに移住する準備をしている。カーメル・ハイランドは、ブラッド・ピットが2022年7月に購入した歴史的邸宅「D.L.ジェームズ・ハウス」があるカリフォルニア州北部の小さな町。崖の上に建ち、海を見下ろすこの家は、カーメルの中で最も高価な4000万ドル(約53億円)だ。

この動きが、ロサンゼルスで4月1日に施行される新しい「豪邸税」の影響によるものかどうかはまだわかっていない。今後、所有する不動産の売却を希望するすべての所有者は、1000万ドル(約13億円)を超える場合、5.5%の税金を支払わなければならない。

この措置は、公共住宅に資金を供給し、市内で深刻化するホームレス問題に対処することを目的としているが、多くのセレブが通称、天使の街と呼ばれるロサンゼルスを離れる準備をしている。

text: Louise Lucas (madame.lefigaro.fr) translation: Hanae Yamaguchi

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

世界は愉快
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
BRAND SPECIAL
Ranking
Find More Stories