B系ファッションのローマ教皇がSNSで話題に!

Culture 2023.04.04

オーバーサイズの白いダウンジャケットを着たローマ教皇の画像が少し前からSNSをにぎわせている。本物の写真にしか見えないが、実はこれはAIが生成したイメージ画像だ。

 

SNSで拡散したダウンジャケット姿の教皇フランシスコ。実はディープフェイク画像。

ファッションがイケてると、最近SNSで一気にブレイクしたのはハリウッドスターでも有名モデルでもない。ローマ教皇フランシスコだ。ビッグサイズの白いモコモコダウンに十字架を首からかけた格好は、アメリカのラッパーを思わせる。ダウンには数パターンあるが、どれもたっぷりボリュームのあるサイズだ。

ファッションウィーク日程と近接した時期に登場したからだろうか、この画像はインスタグラムで“drip”、つまり“swag”とか”cool”と同義のワードで語られた。“drip” とはアメリカのスラングで、ラッパーのイケてるスタイルをほめる言葉だ。「The holy drip」、「Pope Francis got serious drip」、「The Pope really out here drippin on you sinners」など教皇のダウン姿をほめたたえる言葉が画像とともに飛びかい、ネットは一気に盛りあがった。ところがこの写真、実はフェイク画像だったのだ。教皇がこれらのダウンを着たことはない。

---fadeinpager---

スタイリストはAI

この写真はパパラッチが撮ったのではなく、AIソフトMidjourneyが生成したもだのと「フォーブス」誌は報じている。こんなに精緻な技術なのに、アクセスは簡単だ。

ビジュアルを生成するには、オンラインフォーラム「Discord」経由でMidjourneyに入り、「プロンプト」つまり一連のキーワードの形で命令を入力するだけでいい。要するに、たった数ワードで、ゼロからAI画像が作りだせるというわけだ。

アメリカの掲示板Redditに投稿されたオシャレ版教皇画像はすぐにツイッター、インスタグラム、TikTokにあふれかえり、教皇がSNSのファッションアイコンと化した。これぞ奇跡だ。

text:Mitia Bernetel (madame.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

フィガロワインクラブ
フィガロワインクラブ
Business with Attitude
パリとバレエとオペラ座と
世界は愉快

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories