世界的に評価される、黒田泰蔵が美術館で初個展。

Culture 2019.03.14

個を消して純化された、白磁が見せる抽象の世界。

『黒田泰蔵 白磁』

190220-art-2-kuroda-taizo.jpg

黒田泰蔵『白磁 花入』2018年。「ろくろ成形、うつわ、単色」の3つの条件を自身に定め、白磁のみの制作に傾注し続ける。

純化された抽象性の内に静謐さと力強さを持つ白磁で、世界的に評価される黒田泰蔵の初の美術館で開催される個展。20歳でパリに渡り、後に人間国宝となる陶芸家の島岡達三と運命的な出会いを果たし、黒田はカナダで陶芸を始めた。帰国後さまざまな陶芸の技法を経て、45歳でろくろ成形の白磁に辿り着いた。陶芸家の現在形を目の当たりにしたい。

『黒田泰蔵 白磁』

会期:開催中~4/9 
会場:ヴァンジ彫刻庭園美術館(静岡・長泉町) 
営)10時~17時(4月は~18時) 
休)水
一般¥1,000(4月は¥1,200)
tel:055-989-8787 
www.vangi-museum.jp

※『フィガロジャポン』4月号より抜粋

réalisation : CHIE SUMIYOSHI

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories