フィガロが選ぶ、今月の5冊

漫画家・萩尾望都が、発表していた幻のSF小説。

特集

『ピアリス』

1709xx-livre-03.jpg

萩尾望都著 河出書房新社刊 ¥1,566

少女漫画界の巨匠・萩尾望都が、かつてペンネームで連載したSF小説。過去が見えるピアリスと未来が見えるユーロ。幼い頃、国を追われ、生き別れになったふたりは、互いの無事を祈りながら、過酷な運命を生き抜いていく。蜃気楼のように時折現れる謎めいたビジョンとは何か。未完ながら、想像をかきたてられる。カラー口絵8ページ、イラスト40点を収録。巻末特別企画として著者インタビューを収録。来年1月には宝塚歌劇団が『ポーの一族』を舞台化する。いまも第一線で描き続けている漫画家の魅力は、レイ・ブラッドベリ、カート・ヴォネガットの世界観とどこか響き合っている。

*「フィガロジャポン」2017年10月号より抜粋

【関連記事】
喪失の痛みを生きている、すべての人のための小説。『茄子の輝き』
神が降りてきた瞬間、篠山紀信が撮った歌舞伎。『KABUKI by KISHIN』

réalisation : HARUMI TAKI

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。