フィガロが選ぶ、今月の5冊

間取りに引き出される、妄想を描いた13の物語。

特集

『間取りと妄想』

1709xx-livre-04.jpg

大竹昭子著 亜紀書房刊 ¥1,512

回廊のような細い廊下をくぐり、川に面して建つ三角形の部屋が、いつしか別の何かとなり、窓ガラスという薄い皮膜がなければ自分自身も溶けてなくなるような狂おしい肉体的な解放へと導かれる。「間取り」が、結界をひもとき「妄想」を引き寄せる装置になったのだろうか。想像力をかきたてられる。都市伝説とはこのようにつくられるのかもしれない。13の物語は、日常生活の場であるはずの部屋が異界への扉を開く瞬間を、ある時は官能的であり、またある時は、ふとした風の音にも虫の知らせを読み取ってしまう日本人のナイーブな感覚を、一片の静止画のごとく切り取っている。

*「フィガロジャポン」2017年10月号より抜粋

【関連記事】
漫画家・萩尾望都が、発表していた幻のSF小説。
喪失の痛みを生きている、すべての人のための小説。『茄子の輝き』

réalisation : HARUMI TAKI

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。