眩しいパステルカラーで描く、フロリダの母娘のひと夏。

特集

おしゃまな少女が疾駆する、色鮮やかな日常とその彼方。

『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』

1805xx-cinema-04.jpg

視点となる人物は、フロリダの安モーテルで暮らす6歳の女の子ムーニー。近所の子らを従えていたずらし放題の、大人の知らない「子どもの時間」が現出する。その制御不能の快活さ! 娘への情愛だけは深いダメ母もどこか憎めず、生活力のない母子の日常に風穴が開く時、ここがディズニーワールドのそばであることが、魔法のように感情の高ぶりと切なさを巻き起こす。文句垂れつつ彼らをサポートするモーテル管理人の気立てのよさを、ウィレム・デフォーがふくよかに好演。

『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』
監督・脚本/ショーン・ベイカー
2017年、アメリカ映画 112分
配給/クロックワークス
新宿バルト9ほか全国にて公開中
http://floridaproject.net

【関連記事】
イタリアの美少年リマウが考えた、いじめと社会のこと。
ウェス・アンダーソン監督の友人、野村訓市が語る『犬ヶ島』

*「フィガロジャポン」2018年6月号より抜粋

réalisation : TAKASHI GOTO

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。