英国から、ソウルフルな歌声で魅了する大型新人が登場。

特集

音楽シーンを騒然とさせる、クールなUKソウル。

『ロスト・アンド・ファウンド』/ジョルジャ・スミス

1808xx-musique-01.jpg

ホステス ¥2,592

ローリン・ヒルやエイミー・ワインハウスなどを彷彿とさせる逸材が現れた。R&Bやヒップホップのシーンではどちらかというと男性の大型新人が多かった印象だが、彼女の登場で一気に変わることだろう。英国出身のジョルジャ・スミスはまだ21歳になったばかりのニューフェイス。しかし、すでにドレイクに認められて彼のアルバムにゲスト参加し、ケンドリック・ラマーがプロデュースしたサントラにもその名を連ねるなど、早くも大物感がある。

待望のデビュー作は、その大物感の期待を裏切らない出来栄えだ。ディープでソウルフルな歌声が、一気に空気を震わせる。ファッショナブルな雰囲気はシャーデーにも通じるし、レゲエやヒップホップもこなせる器用な一面もあるが、その若さを忘れさせるくらい重厚感を表現することも可能。間違いなく今後のブラックミュージックを牽引する存在になるはずだ。

【関連記事】
イノセンス・ミッションが奏でる、優しく心地よいポップス。
世界中のロックファンが注目する韓国のバンド、セイ・スー・ミー最新作。

*「フィガロジャポン」2018年9月号より抜粋

réalisation : HITOSHI KURIMOTO

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。