香取慎吾、ニッポン初個展レポート。

特集

昨年秋、パリ・ルーヴル美術館地下にあるカルーセル・デュ・ルーヴルで開催された展覧会「NAKAMA des ARTS(ナカマ・デ・アート)」でも話題を集めた香取慎吾。そんな彼にとって、国内初めての個展がIHIステージアラウンド東京で開催中だ。

190319-20491.jpg

カラフルにペイントされた新作オブジェ『SPACE DANCE』の前で。

客席が360度回転する劇場が初個展の場所となったのも実に香取らしい、斬新なチョイスといえそうだ。「僕はずっと個展をやることが夢でした。でもまさかこんな大きな劇場ですることになるとは!」。劇場の、さらに回るステージ上での個展という発想はもちろん、エキシビションの内容も芸術の観念に縛られないものになっている。

190319-20429.jpg

「パリは特別な街」と話す香取。今回は、エッフェル塔と東京タワーの絵も出展されている。

190319-20186.jpg

会場に設置されたモニターでは、作品の制作シーンのムービーも楽しめる。

190319-20216.jpg

「絵を描き始めた頃には、段ボールに描いていた」と香取。その時代の作品も並ぶ。

ルーヴルで発表した作品に加え、今回の展覧会のために新たに制作した絵画にオブジェ、そして体験、体感型インスタレーションなど、さまざまなアプローチで感覚を刺激する作品がずらりと並ぶ。

190315-katorishingo-20568.jpg

190315-katorishingo-20572.jpg

奥:パーマネントポップアップショップ「ヤンチェ_オンテンバール」の店内に飾ってあった巨大なオブジェも。上:パリ・ルーヴルでの展覧会で発表したアートピースも展示。

190319-20255.jpg190319-20251.jpg

過去に描いたイラストなども多く展示されている。

---fadeinpager---

展覧会の冒頭に回転する客席に座って鑑賞するムービーでは、映画『クソ野郎と美しき世界』でタッグを組んだ映像ディレクター、児玉裕一とコラボレートし、独特の世界観を爆発させている。「自分の絵を観てもらう前に、その導入として気持ちを上げてもらいたくて。今回は会場がステージなので、その幕が開く前のオープニングムービーとして捉えています」。その鍵を握る冒頭のムービーには、いまの想いを全部詰め込んだと語る。

その映像を鑑賞し、心地よい衝撃を受けた後にステージ上へ移動する。そしてそこに並べられた絵画やオブジェ、製作シーンを捉えた映像などを鑑賞し、3つに分かれた展示ゾーンを順に回遊していくという流れ。

190315-katorishingo-IMG_4309.jpg

最初のエリアは、「脳」迷路、「心臓」ドーム、「口」アートという身体をテーマにした3つのゾーンで構成されている。

最初のゾーンでは、センターに設置された大きな心臓のオブジェ『BOUM! BOUM! BOUM!』に注目したい。香取が自身の心臓をイメージして作ったオブジェを触ると制作中の彼の鼓動が体感できる仕掛けに。このオブジェでは造形物と、それを制作している時の身体性を同時に表現する新たな試みに挑戦したとのこと。

190315-C32V1390.jpg

香取自身の心臓をモチーフにした新作『BOUM! BOUM! BOUM!』では、彼の鼓動を体感することができる。

---fadeinpager---

今回が初お披露目となる作品も多く登場。「僕はアイドルなので、自分自身が素材です。僕が作るアートも僕自身をモチーフにして、常に新しい自分を発信していきたい」。そう話す彼の新作では、香取の歯型、瞳など身体にまつわるモチーフも題材に。

190319-20262.jpg190319-20257.jpg

「口」をテーマにしたペイントが並ぶゾーン。

「さらにステージの一角には描きかけの絵がありまして、これからも時間がある時に会場に来て、絵を描き足していきたいと思っています」。まさにすべてが規格外。

190319-20462.jpg

今回、大きなオブジェの制作にも挑戦。香取らしい奇抜な配色も魅力的。

190319-20576.jpg

SNSを通して集まった塗り絵を題材にした作品。

---fadeinpager---

まるで生き物のように変化する『サントリー オールフリー presents BOUM! BOUM! BOUM!(ブン!ブン!ブン!)香取慎吾NIPPON初個展』は、6月16日まで開催中。床や壁など、まだまだ余白が残る会場スペースを前に、香取は「いまは描きたい衝動を抑えるのが大変。いろいろなところにまだまだ絵が描ける場所が残っているから」と笑った。

190319-20409.jpg

グッチのジャケットとタイという姿で内覧会に登場した香取慎吾。

190315-katorishingo-IMG_4336-01.jpg

香取本人の腕を象ったブロンズ像と小指を絡めて記念撮影ができるインスタレーションもあり。

『サントリー オールフリー presents
BOUM!BOUM!BOUM! 香取慎吾NIPPON初個展』


会期:開催中~6月16日(日)
会場:IHIステージアラウンド東京(東京都江東区豊洲6-4-25)
開)10時、11時15分、12時30分、13時45分、15時、16時15分、17時30分、18時45分、20時 ※各回350名ずつ、120分間の入れ替え制。
休)3/19、4/2、16、5/7、21、6/4
料)一般¥3,500 ※長期公演のため、チケットは3期に分けて発売。
tel:0570-084-617(10時~20時)
http://boum3.com

photos:MASATO MORIYAMA(TRIVAL), stylisme:KAYO HOSOMI, coiffure et maquillage:TATSUYA ISHIZAKI texte:TOMOKO KAWAKAMI 衣装協力:グッチ

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。