レディー・ガガを完成させる、ふたりのスタイリスト。

特集

エンターテインメント業界のニュースを取り扱うメディア「The Hollywood Reporter(ザ・ハリウッド・リポーター)」が3月12日、ハリウッドで最も影響力のあるスタイリストのランキングを発表した。今年トップに輝いたのはレディー・ガガのスタイリスト、トム・エレブートとサンドラ・アマドー。いったいどんなクリエイターなのだろうか?

190328_lady-gaga-ses-deux-stylistes-recompenses.jpg

トム・エレブートとサンドラ・アマドーが手がけるレディー・ガガの衣装は、イベントのたびに大きな注目を集める。写真は今年2月のアカデミー賞授賞式。(アメリカ・ロサンゼルス、2019年2月24日)photo:Getty Images

トム・エレブートとサンドラ・アマドー。広く知れ渡っているとはいえないふたりの名前だが、彼らこそがレディー・ガガの鮮烈で大胆な衣装を担当するスタイリストだ。ふたりは3月12日、アメリカのメディア「ザ・ハリウッド・リポーター」で、ハリウッドで最も影響力のあるスタイリストに選ばれた。

同メディアは毎年、クリエイティブなスタイリストを選出してランキングを発表している。カンヌ国際映画祭からアカデミー賞授賞式まで、世界中のレッドカーペットに登場するスターのスタイリングが評価の対象で、その基準はクライアントであるスター、スタイル、SNS上での影響力の3点。昨年まで無名だったにもかかわらず、今年一気にトップに躍り出た二人組。これまでどんな道のりを歩んできたのだろうか。

レディー・ガガとの出会い。

左がトム・エレブート、右がサンドラ・アマドー。(2019年3月12日のインスタグラムへの投稿)

サンドラ・アマドーがレディー・ガガと出会ったのは2011年、グラミー賞授賞式でのこと。レディー・ガガはその年、ファッションデザイナーのフセイン・チャラヤンが構想した卵の中に入ってレッドカーペットに登場し、センセーションを巻き起こした。この登場は若き日のアマドーの心に強い印象を残した。

2018年10月、英『ヴォーグ』誌のインタビューで、彼女はこう答えている。「レディー・ガガの勇気と大胆さに衝撃を受けました。当時、音楽とアートとモードを彼女のようにミックスしようとした人はいませんでした。スタイリストにとって、限界を押し拡げられる人こそ最高のクライアントです」。アマドーは2年後、2012年から2018年までレディー・ガガの専属スタイリストを務めたブランドン・マックスウェルのアシスタントに採用され、お抱えクリイティブチーム「ハウス・オブ・ガガ」の一員となる。

一方、ベルギー人のトム・エレブートは、カイリー・ミノーグのスタイリングを手がけた後、2016年にレディー・ガガと出会い、ハウス・オブ・ガガに合流する。最初に出会った時、エレブートは10タイプの衣装を提案したという。「ガガには限界というものがない」と、彼は英『ヴォーグ』誌に語っている。「どんなアイデアでも歓迎される。彼女はストーリーを語りたいんだ。彼女が着ているような服を、実際に着こなせる人はそういない」

---fadeinpager---

実り豊かなコラボレーションの始まり。

2018年1月のグラミー賞授賞式には、アルマーニ プリヴェのドレスを着用。(2018年1月28日のインスタグラムへの投稿)

2018年、自分のブランドの立ち上げに専念するために、ブランドン・マックスウェルがチームを去り、元アシスタントのふたりがチームの指揮をとることになる。2018年、グラミー賞授賞式が彼らにとっての最初の挑戦となった。コンビが選んだのは、アルマーニ プリヴェによるロングトレーンの黒いドレス。レディー・ガガの豪華な衣装の裏には、何時間にも及ぶ試行錯誤が隠されている。「それぞれのプランを持ちよってアイデアを練って、それをガガはさらに大きなものに発展させていく」と、アマドーは語る。

---fadeinpager---

『アリー/スター誕生』効果。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#Oscars

Lady Gagaさん(@ladygaga)がシェアした投稿 -

今年2月のアカデミー賞授賞式にて。(2019年2月24日のインスタグラムへの投稿)

映画『アリー/スター誕生』に出演し、注目を集めたレディー・ガガ。今年は映画祭に出席する機会が特に多かった。トム・エレブートとサンドラ・アマドーにとっては、世界中のレッドカーペットが仕事場となった。

ヴェネツィア国際映画祭ではヴァレンティノのピンクの羽根で覆われたドレス。ロサンゼルスで開かれたアカデミー賞授賞式ではアレキサンダー・マックイーンの黒のドレスで登場したレディー・ガガ。エレガンスと狂気が共存する独自の世界を表現した。

スタイリングのインスピレーション源は、1930年代から1940年代にかけての魅惑のハリウッド。「ハリウッドの映画スターの魔法のような魅力を取り入れながら、人があっと驚くような要素を加えて、ガガらしいスタイルを提示するーーそれが私たちの目指したことです」と、ふたりは「ザ・ハリウッド・リポーター」に明かしている。

彼らのスタイリングはファンにも好評を博し、アカデミー賞授賞式での写真はインスタグラムで約320万もの「いいね」を獲得した。しかし、スタイリストコンビはこの成功に浮き足立つことなく、すでに次のプロジェクトへ頭を切り替えている。さっそく5月には、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催される毎年恒例のファッションの祭典「METガラ」が控えている。今回、レディー・ガガには最上席が用意されている。今年のMETガラは「過激な誇張」がテーマとあって、主催者のアナ・ウィンターはガガを共同主催者に指名したのだ。2人組のスタイリストにとっては、またとないチャレンジの場となるだろう。

---fadeinpager---

レディー・ガガが、世界のポップアイコンになるまで。

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale.jpg

1986年3月28日、ニューヨーク生まれ。本名はステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジェーマノッタ。4歳からピアノを習い、13歳で作曲を始め、14歳で初めて舞台に立つ。

---fadeinpager---

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale_0.jpg

イタリア系の父とフランス系カナダ人の母をもつ少女は、カトリック系私立学校に進学する。その後のエキセントリックな彼女とは対照的に、若き日のガガは厳格な教育環境で育ったようだ。写真はサクレ・クール修道院高校時代のレディー・ガガ。

---fadeinpager---

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale_9.jpg

ステファニーが反乱を起こすのは18歳の時。ニューヨーク大学に入学した彼女はショービズ界での成功を夢見て親元から独立する。だが最初は厳しい状況が続いた。未来のレディー・ガガはウエイターとゴーゴーダンサーを掛け持ちしてなんとか生計を立てていた。後にロウアー・イーストサイドのナイトクラブで一緒に舞台に立つようになるレディー・スターライト(写真左)と出会うのはこの時期だ。独自の世界を築きはじめた彼女のパフォーマンスがしだいに評判を呼ぶようになる。(アメリカ・ニューヨーク、2007年10月)photo:Getty Images

---fadeinpager---

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale_3.jpg

2007年、初めての契約をインタースコープ・レコードと結び、ファーストアルバム『ザ・フェイム』を発表。アルバムに収録された「ジャスト・ダンス」は世界中でロングヒットを記録した。各国のメディアはたちまちこの新生アーティストに注目。レディー・ガガ現象の始まりとなった。(アメリカ・ニューヨーク、2008年5月)photo:Getty Images

---fadeinpager---

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale_2.jpg

レディー・ガガ現象は、才能はもとより彼女のファッションスタイルによるところが大きい。(アメリカ・ニューヨーク、2008年5月)photo:Getty Images

---fadeinpager---

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale_11.jpg

ファッションだけでなく、少々挑発的な振舞いでも世間の注目を集める。(アメリカ・ニューヨーク、2008年5月)photo:Getty Images

---fadeinpager---

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale_13.jpg

デビューアルバムの成功で自信をつけたレディー・ガガは、「ザ・フェイム・ボール・ツアー」を開始。“男性といながら、女性と一緒にいる自分を夢想すること”を歌った曲「ポーカー・フェイス」で、LGBTコニュミティのアイコン的存在となる。(アメリカ・ロサンゼルス、2009年3月)photo:Getty Images

---fadeinpager---

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale_4.jpg

レディー・ガガはたちまち「新時代のマドンナ」となる。本人もマドンナからの影響を公然と認めている。彼女が敬愛するアーティストはほかに、デイヴィッド・ボウイ、フレディ・マーキュリー。彼女の芸名はクイーンの曲「レディオ・ガガ」に由来する。(アメリカ・ニューヨーク、2010年1月)photo:Getty Images

---fadeinpager---

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale_5.jpg

その後の快進撃は多くの人が知るところだろう。ミュージシャンとしてのデビュー以来、賞にノミネートされた回数は420回、受賞数は200に上る。写真は2010年のブリット・アワード・インターナショナルでの、女性ソロアーティスト賞受賞時。(イギリス・ロンドン、2010年2月)photo:Getty Images

---fadeinpager---

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale_6.jpg

派手で奇抜な登場の演出も、レディー・ガガ現象を語るときに外せないキーワードだ。第53回グラミー賞授賞式では卵の中に入って……(アメリカ・ロサンゼルス、2011年2月)photo:Getty Images

---fadeinpager---

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale_7.jpg

……卵は舞台上で孵化、「ボーン・ディス・ウェイ」を熱唱した。(アメリカ・ロサンゼルス、2011年2月)photo:Getty Images

---fadeinpager---

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale_8.jpg

授賞式ではセカンドアルバム『ザ・フェイム・モンスター』で3つの賞を獲得。(アメリカ・ロサンゼルス、2011年2月)photo:Getty Images

---fadeinpager---

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale_10.jpg

トークショー「グッド・モーニング・アメリカ」への出演も歴史に残るパフォーマンス。客席上空を飛んでステージに向かうレディー・ガガ。(アメリカ・ニューヨーク、2011年5月)photo:Getty Images

---fadeinpager---

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale_12.jpg

ニューヨーク生まれの彼女にとっては、タイムズ・スクエアで開かれる有名なニューイヤーコンサートに出演したことが、本当の意味で評価を確立した出来事と言えるかもしれない。ガガとキスをするのは当時のニューヨーク市長、マイケル・ブルームバーグ。(アメリカ・ニューヨーク、2011年12月)photo:Getty Images

---fadeinpager---

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale_14.jpg

パブリックイメージに比べて、私生活はむしろおとなしいレディー・ガガ。メディアに注目されるようになってから彼女が交際を認めた男性は、2011年に別れたリュック・カールと、「ユー・アンド・アイ」のMVの撮影現場で出会った俳優テイラー・キニー(テレビシリーズ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」「シカゴ・ファイア」)、そして最近婚約を破棄したタレントエージェントのクリスチャン・カリーノという3人だけだ。写真のテイラー・キニーとは2015年に婚約して以来、公の場にふたりで登場するたびに幸せそうな姿を見せていた。(2014年1月、ビバリーヒルズ)photo:Getty Images

---fadeinpager---

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale_15.jpg

アルバムを5枚出した後、ガガはテレビドラマという新しい分野に挑戦する。「アメリカン・ホラー・ストーリー」では吸血狂の公爵夫人の役を演じた。写真はその撮影現場にて。(アメリカ・ロサンゼルス、2015年10月)photo:Getty Images

---fadeinpager---

190328_lady-gaga-de-strip-teaseuse-a-icone-de-la-pop-mondiale_16.jpg

賭けに出た甲斐はあった。2016年にゴールデングローブ賞テレビドラマ部門主演女優賞を受賞。若干30歳、デビューからたった8年で、レディー・ガガはすべてのプロジェクトを実現してしまった……。今後30年間で、どんなことを成し遂げてくれるだろうか?(アメリカ・Los Angeles、2016年1月10日)photo:Getty Images

---fadeinpager---

ladygaga-24.jpg

タレントエージェントのクリスチャン・カリーノとは、今年2月に破局。(フランス・パリ、2018年8月30日)photo:Getty Images

---fadeinpager---

ladygaga-20.jpg

今年のアカデミー賞受賞式では、『アリー/スター誕生』で最優秀歌曲賞を受賞。何度も涙を流していた。ドレスはアレキサンダー・マックィーン。(アメリカ・ロサンゼルス、2019年2月24日)photo:Abaca

---fadeinpager---

ladygaga-23.jpg

アカデミー賞受賞式ではブラッドリー・クーパーとともに、その受賞をした曲「シャロウ」をデュエット。歴史に残るパフォーマンスとなった。(アメリカ・ロサンゼルス、2019年2月24日)photo:Abaca

text:Chloé Laforest (madame.lefigaro.fr)

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madame FIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。