ドヌーヴとビノシュが共演! 是枝監督の描く嘘と真実。

特集

嘘と真実を肥やしにする、女優や映画に愛をこめて。

『真実』

1911xx-cinema-04.jpg

カトリーヌ・ドヌーヴが演じるのは毒舌家の大女優。その娘役のジュリエット・ビノシュは、女優崩れの脚本家だ。脚本家の夫にして下っ端TV俳優がイーサン・ホーク、と配役からもう虚実混交のスリルがある。母の自伝『真実』の出版に合わせ、母娘関係が歪められていないかを恐れて、遠路、家族連れで娘がパリ郊外に帰郷。バックステージ映画の興趣も乗せ、真実と嘘、現実と虚構、生きることと演じることの分かちがたさが浮き彫りになる。是枝監督がニヤリと仕掛けた、永遠に母にかなわぬ娘の、会心の一撃をお見逃しなきよう。

『真実』
監督・脚本/是枝裕和
2019年、フランス・日本映画 108分
配給/ギャガ
TOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開中
https://gaga.ne.jp/shinjitsu

【関連記事】
イザベル・ユペールがストーカーに!? 妖美なスリラー。『グレタ GRETA』
ゴッホの見た色と光を、異才シュナーベルが描き出す。『永遠の門 ゴッホの見た未来』

*「フィガロジャポン」2019年12月号より抜粋

réalisation : TAKASHI GOTO

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。