街と旅人の距離感を捉えた、濱田英明の写真集。

特集

旅することで生まれる、距離感の奇跡。

『DISTANT DRUMS』

1911xx-livre-04-1.jpg

1911xx-livre-04-2.jpg

濱田英明撮影 ¥6,500

旅に出ると、その土地の人にとっては日常であるはずのなにげない風景がなぜかみずみずしく映る。35歳でデザイナーから転身した写真家・濱田英明の写真集は、移動することで生まれるそんな恩寵のような感覚を思い起こさせてくれる。トルコの古い唄「遠い太鼓」で始まる村上春樹のエッセイにインスパイアされて、風景との「距離感」をテーマに撮影された本作は、制作過程をSNSで発信。写真家の想いを共有することで、自費出版で刊行されたにもかかわらず、わずか数日で初版2000部が完売したことでも話題に。

*「フィガロジャポン」2019年12月号より抜粋

réalisation : HARUMI TAKI

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。