カラー写真の先駆者スティーブン・ショアの世界に浸る。

特集

カラー写真の先駆者のエッセンスに触れる。

『Stephen Shore: Elements』

2004xx-livre-04-01.jpg

2004xx-livre-04-02.jpg

スティーブン・ショア写真 Eakins Press Foundation刊 65ドル

アメリカのカラー写真の第一人者、スティーブン・ショア。14歳でMoMAのキュレーターから作品を買いたいと言われ、17歳でアンディ・ウォーホルのファクトリーに出入りするようになり、日常のありふれた瞬間をアートにした先駆者でもある。ニューヨークのハドソンバレーからユカタン、テキサス、イスラエル、スコットランドまで、常に新たな冒険に挑んできた幅広いキャリアから、彼の世界へのアプローチを物語るエッセンスを凝縮した写真集。

*「フィガロジャポン」2020年5月号より抜粋

【関連記事】
レトロフューチャーな世界へと引き込まれる写真集。
革新を続けるディーゼルの軌跡を、この一冊で。

réalisation : HARUMI TAKI

RELATED CONTENTS

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      • NEW
      • WEEKLY RANKING
      SEE MORE

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。